海外FXは初心者におすすめできる?メリットとデメリットを紹介

FXのことを少し調べてみると、FXを始めるためには口座開設をしなければならないことを知るはずです。

そこで、さらに調べてみると国内FX海外FXという大きな選択肢が出てきます。

しかし、海外FXと聞くと何か怖いイメージを持ち、日本に住んでいるので国内FXが当たり前なのではないかと考えるかもしれません。

そんな怖いというイメージを持たれるる海外FXですが、実は海外FXには国内FXにはないメリットがあります。

何よりも、海外FXでは国内FXよりも低リスクでFXをできるのです。

ただ、初心者にとっては無縁な話と思うかもしれませんが、そのようなことはなく実は初心者にこそ海外FXがおすすめという場合もあるのです。

そこで今回は、なぜ海外FXこそ初心者におすすめなのかのポイントになる、海外FXのメリットやデメリットを紹介します。

国内FXにはないメリットが海外FXにはたくさんあるので、どちらで口座開設をするのかを悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

海外FXは初心者にもおすすめできる

初心者に無縁と思われがちな海外FXですが、実は初心者にもおすすめできる選択肢の一つであるのです。

それは、国内FXで発生するリスクを海外FXであれば最低限に抑えることができるためです。

後ほど紹介しますが、国内FXでは追証が発生する恐れがあり、ポジション(建玉)が常にプラスになっているのか見張る必要性があります。

つまり、夜寝ている間いに損失が発生しないかハラハラするため、寝る前に決済をするか、ポジションがあることを忘れてしまう必要があるのです。

しかし、海外FXではゼロカットシステムがあるおかげで、追証が発生することなく安心してトレード(取引)ができるのです。

まさに、必ず失敗してしまうといわれるFXで、追証が発生しない海外FXは初心者にとっては非常におすすめできる選択なのです。

海外FXとは?

ちなみに海外FXとは、日本国内のFX会社以外のことを指します。

つまり外国にあるFX会社のことです。

その名の通りと言えば、その名の通りなのですが。

一番の違いは、国内FXと海外FXでは規制となる法律が違うという点があります。

国内FXでは規制があるのに海外FXでは規制がない、ということが大きな違いにもなり、追証が発生しない点やレバレッジ規制というメリットにつながるのです。

海外FXのメリットを紹介!

それでは実際に、海外FXにどのようなメリットがあるのかを紹介します。

追証が発生しない

海外FXには、ゼロカットシステムと呼ばれる追証が発生しないシステムがあります。

まず追証とは、FX口座に入金している証拠金(資金)以上の損失が発生した時に、FX会社から請求される借金のことです。

例えば、口座に100万円入金していたのですが、FX相場の急激な変動により損失が発生してしまい、損失金額が200万円となってしまいました。

この時に、証拠金は100万円しか入金をしていないので、200万円の損失に対して100万円の不足が発生し、この100万円の不足金を追証と呼びます。

当然、この追証(借金)はFX会社に返済しなければならないのです。

しかし、国内FXであれば発生する追証が海外FXであれば発生しないのです。

つまり、どれだけの損失金額が発生したとしても、追証が発生せずに証拠金だけの損失で済むということになります。

レバレッジに規制がない

国内FXでは、レバレッジを最大25倍までしかかけることができません。

しかし、海外FXであればレバレッジに規制がないため、最大3,000倍や1000倍といったレバレッジでトレードをすることができます。

例えば、100万円の資金を準備した場合に、国内FXでは25倍、海外FXでは1000倍だったとすると

  • 国内FXでは2,500万円分のトレードができる。
  • 海外FXでは10億円分のトレードができる。

以上の通りになります。

そして、これだけの差があるということは、同じトレードをした時に海外FXでは一瞬で大金を稼ぐことも可能となるのです。

もちろん、無理に海外FXが決める最大レバレッジでトレードをする必要がなく、自分の力量に合わせたレバレッジでトレードをすれば問題ありません。

スキャルピングに制限がない

いくつかの国内FX会社では、スキャルピングを規制している会社があります。

しかし、海外FXではスキャルピングに規制はないため、気にすることなくトレードをすることができます。

ちなみにスキャルピングとは、FXのトレードスタイル一種です。

短時間に、何度もトレードを繰り返し、小さい利益を積み重ねていくトレードスタイルとなります。

口座開設や入金でボーナスが発生する

海外FXでは、口座開設時や入金時にボーナスをもらうことができる会社が多く存在します。

つまり、FXを始めるだけトレードで使えるお金が発生し、お得にFXを始めることができるのです。

ボーナスがあれば、少額でFXを始めたとしても、上乗せという形ではじめることができるので、非常におすすめです。

ただ、気を付けなければいけないのは、ボーナスでもらったトレード資金は出金することができないため、海外FXでしか使えないということになります。

しかし、FXをするこを目的で海外FXを始めるので、特に問題はないでしょう。

 

もちろん海外FXにもデメリットはある

海外FXにはデメリットがありますが、トレード上で不利になるデメリットは少ないのです。

しかし、メリットがあるからにはデメリットがあるのは当然です。

それでは、詳しく海外FXのデメリットを見ていきましょう。

入金や出金に手間がかかる

海外FXは、日本を拠点にしている会社ではないので、日本の銀行から中継銀行を経由して入金する必要があります。

そのため、入金までに時間と手数料が発生してしまうのです。

国内FXですぐに入金できる点を考えると、少し不利に感じ場面もあるでしょう。

しかし、海外FXにはクレジットカード入金や電子ウォレットから入金できるという点もあります。

つまり、実際のところはそこまで入金に手間をかけずにできる方法もあるのです。

出金に関しても、入金と同じ方法でしか出金できないという点もありますが、きちんとルールをしっていればそこまで問題にはならないのです。

そもそも日本語対応していない場合も

海外FXには日本語対応していない会社もあります。

そのため、口座開設をするためにホームページを確認しても英語で書いてあったり、やり方が分からないという点もあります。

さらに、サポートが日本語に対応しておらず、いざという時に不安を感じることもあります。

しかし、海外FXの中には日本語対応している会社もありますし、サポートも日本語対応可という会社はいくつかあります。

そして、現在ではGoogleの翻訳などを利用すれば、英語が読めなくても問題ありません。

そのため、よほどのことが無い限り、日本語に対応していないということが、デメリットになることは少ないでしょう。

海外FXの場合は、会社自体がなるくなる可能性も

海外FXの場合には、会社自体が無くなる可能性もあります。

倒産してしまうことがあるということです。

先ほどメリットで紹介した、ゼロカットシステムがあるため実際にトレーダーに発生した損失は、会社が支払ってくれるのです。

そのため、相場の急激な変動があった時に、ゼロカットシステムのおかげで助かったトレーダーが多くなれば多くなるほど、会社が倒産してしまう可能性も高まるのです。

もちろん、それは海外FX会社の規模によります。

子会社のような小さな会社であれば、倒産の可能性は高まりますし、ある程度資産を持っている会社であれば、倒産の可能性を下げることができます。

つまり、海外FXを始める際には、一応会社規模も検討しておく必要があるのです。

海外FXを始める場合はリスクをきちんと理解しておこう

以上が海外FXは初心者におすすめできるのか、海外FXのメリットデメリットの紹介となります。

海外FXには国内FXにはないメリットである、魅力があります。

  • 追証が発生しない
  • レバレッジ規制がない
  • ボーナスが発生する

そして以上のメリットを考慮すると、

  • 追証が発生しないということは、初心者が失敗していもリスクを限定できる。
  • 少額の資金しか準備できない初心者でも、レバレッジを活かすことにより効率的にトレードができる。
  • 国内FXでは発生しない、もしくは達成条件が難しいボーナスを海外FXでは得ることができる。

というメリットから、初心者に海外FXはおすすめできるのです。

もちろん、FXで発生するリスクは理解しておかなければなりません。

レバレッジをかけることであったり、相場の急激な価格変動におけるリスクなのです。

そのようなリスクを理解して、トレードを始めることが初心者には必要となります。そしてぜひ今回の記事を参考にして、国内FXだけではなく海外FXも選択肢の一つに入れてみてはどうでしょうか。