休日だからこそ時間を意識して過ごそう

いきなりですが質問です。みなさんは休日の朝、何時ごろに起きているでしょうか?

 

休日だから朝はゴロゴロ寝ている、とことん昼まで寝ている、休日は朝からランニングをしている、など人それぞれに起きる時間が違うかと思います。

しかし、朝起きる時間によってその日を有意義に送れるかが違うという事をご存知でしょうか?

朝だけでは無く、休日全てで時間を意識することによって、充実度や満足度といった有意義な休日に影響を与えるのです。

それは、休日は誰しも1日24時間しかなく、時の流れは平等に流れているからです。

普段はなんとなく過ごしている休日、普段フリーランスとして平日休日共に時間の管理を徹底している僕が、今からより良い休日に変えるために意識すべき時間について紹介をしていきます。

 

休日はあっという間に終わるため時間の意識が必要

今回休日の時間について取り上げたのは、社会人にとって自由に使える時間のほとんどは休日にあり、休日の時間の使い方が自分自身や人生に大きな影響を与えるためです。

そもそも休日の時間というのは、気づけばあっという間に終わってることが多いですよね。

楽しい時間というのは気づけば時間が過ぎていることがほとんどで、集中している時間と同様です。

休日はあっという間に時間が過ぎてしまい終わってしまうため、時間に関して意識をしなければなりません。

僕自身もかつて休日は昼まで寝ていることが当り前で、無駄に休日の時間を過ごしていたことに気づき、休日の時間を意識するようになった経験があります。

ではあっという間に終わってしまう休日で、どのような時間を意識すれば良いのでしょうか。

大きく3つに分けて、有意義な休日が送れる3つの時間について紹介をします。

 

有意義な休日を送るための3つの時間

基本的に時間を意識して休日を送るのであれば、どのような時間の使い方をしても問題ありません。

しかし、ある程度時間の使い方を意識することで、自分にとって有意義な休日を作り出すことができます。

そこで有意義な休日を送るための3つの時間として「休息」「楽しむ」「成長」がポイントとなります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

休日に休息をとるための時間

有意義な休日を送るためには、意識をして休息をとるための時間を作りましょう。

しっかりと寝るというのは休息を取るために必要となりますが、寝過ぎは逆に疲れてしまうため注意が必要です。

特に昼まで寝てしまうと寝過ぎであったり、時間を無駄に消費してしまうので避けるようにしてください。

そこで意識をして休息を取るためには、リラックス効果が高く、少し体を動かすことがポイントとなります。

おすすめの時間の使い方としては、温泉やサウナに入ったり、家の湯船に浸かることでも問題ありません。

他に、軽くジムやランニングなどで運動をしてから温泉に入ったり、カフェでまったりしたり、家のソファーでぼーっとしてみることも良いですね。

運動をすると逆に疲れるのではと思うかもしれませんが、運動をすることで心身ともにリフレッシュすることができ、休息をとる際の効果を高めることができるのです。

ちなみに僕自身休息をとるための時間の使い方としては、朝軽くゴルフの打ちっ放しやジムに行って身体を動かし、温泉やサウナに入って、疲労回復や滋養強壮効果のある食事を意識的に取るようにしています。

休日を楽しむための時間

休日に疲れを解消することに時間を使っても良いのですが、やはり楽しむための時間を使うことが大切となります。

休日に楽しむための時間を使えば、ストレス発散や有意義に休日を送れたと時間をしやすくなります。

ここでポイントなのが、休日を楽しむための時間は人それぞれにあり、自分が楽しむことができる時間の使い方を見つけるようにしましょう。

無理に他の人に合わせたり、自分が楽しくないと感じてしまう事に時間を使わないようにすることも大切です。

もし、休日の何をして楽しめばいいのか分からないという方は、下記の記事を少し覗いてみてください。

⇒【最高の1日】一人だからこそできる休日の過ごし方を紹介

休日に一人でも最高の1日を送れる過ごし方を紹介していますので。

ちなみに、僕自身は新作ゲームがあれば1日中ゲームをしたり、ゴルフや釣り、スノーボードなんかを楽しんだりしています。

休日に成長をするための時間

社会人や誰しもが、1週間で一番自由に使える時間が休日であり、まとまった時間を確保できます。

友人や同僚、取引先の人も休日に使える時間が多いというのは足しかで、休日で何をするかで自分の人生に大きな影響を与えます。

たまに、同僚や友人がちょっとした3連休や長期休暇の後に、少し雰囲気や何かが変わったと感じることがないでしょうか。

あれは、単に変わったと勘違いをしているわけでは無く、休日に自分を成長させるための時間を使った結果として変わっているのです。

休日という一番長く使える時間を自分の成長につながる時間の使い方をすることによって、ライバルたちと差をつけることができます。

それは資格の勉強をしたり、本を読んで知識を付けたり、副業をはじめてみることでも良いでしょう。

中には、瞑想や運動をして精神を鍛えるという方向でも大丈夫です。

自分を成長させることに時間を使えば、すぐに効果を感じることはありませんが、後々自分の収入UPや人生を好転させることにつながりやすいのです。

僕の休日に自分を成長させるための時間の使い方は、副業と読書と勉強です。

副業でブログを書いたりトレードの勉強をしたり、経済や投資についての本を読んでいます。

あと、意識的に瞑想と運動は取り入れるようにしていますね。

休日に時間を意識しなかった場合

ここまで休日に関して時間を意識した方が良いと紹介をしてきましたが、意識をせずに休日を過ごすとどのようになるのでしょうか。

もちろん、特別何かが起こって自分に悪いことが起こるわけではありません。

ただ、時間を意識せずに過ごした場合には、無駄に休日を寝て過ごしてしまったり、有意義に休日を送れたと感じることは少なくなるでしょう。

有意義な休日を送れたと感じる時は、休日に何かを頑張ったり、達成した時が多いのです。

例えば、本を1冊読んだり、ゲームを1本クリアしたという時は達成を得て、有意義な休日につながります。

他にも、休日に頑張って休息をとったという時間の使い方でも、有意義な休日を送れたと実感することができるのです。

特に休日に時間を意識しなかった場合には、意識をして勉強をした人とは、成績や給料面で大きな差が出てしまう事もあります。

そのため休日に時間を全く意識をしないのではなく、午前中や夜だけでも時間を意識するようにしてみてください。

僕の場合は、かつて昼まで寝ていることが当り前の時がありましたが、朝起きて時間を作ると決めた日から休日でも9時には起きる、8時には起きると早く起きようにしてきました。

 

誰しも平等に1日の休日は24時間しかないから時間を意識する

休日に時間を意識をした方が良いのは、誰しも平等に1日は24時間しかないためです。

24時間の内、8時間を睡眠に使っているとすれば休日で意識して使える時間は16時間となります。

さらに、食事や約束などがあればさらに使える時間は短くなっていくのです。

それでも休日に使える時間は、平日の夜や朝と比べると多い時間であるため社会人は休日を如何に有意義に過ごすことができるのかが重要となってきます。

何度も紹介をしてきましたが、休日で時間を意識した人と意識しなかった人では、休日を有意義と感じることに差が生まれて、休日の時間でやったことに対しての結果で差が生まれるのです。

休日に時間を意識して勉強をした人はしなかった人よりも、仕事で成績が上がり給料UPにつながる可能性が上がります。

他にも、運動をした人であれば体力に差が出ますし、休息を意識してとった人では休日の満足感が大きく変わります。

1日は誰しも24時間しかなく、同じ時間の中で生きています。

その時間をどのように使うのかが重要であり、時間を多く使える休日が重要となるのです。

ちなみに僕の場合、休日でしっかりと時間を使えるように平日同様朝6時には起きるようにしています。

 

休日に時間を意識して自分のやりたいことや目標を達成しよう

最後に、休日に時間を意識して過ごすのは、結果として自分の人生の中でやりたいことや目標を達成するためです。

やりたいことや目標は、そこへ向かって時間を作らなければ達することはありません。

例えば、やりたい目標として今よりも収入を2倍に増やして、ワンランク上の生活を送るということであれば、本業の収入を増やすか副業で収入を得る必要があります。

本業の収入は恐らく簡単に上がることがないため、副業がメインとなるでしょうが、その場合は平日の夜か休日に作業を行っていく必要があります。

平日の夜だと仕事の疲れや時間が確保できないことから、副業のために使える時間というのが短くなります。

そこで、休日に時間を意識して使うことで、副業のための時間を確保するのです。

その時間を続けることで、副業で収入が発生しはじめて、ある時目標の収入の2倍の副業収入を得る日がやってきます。

そのために有意義な休日をおくることができる時間の使い方、

  • 休日に休息をとるための時間
  • 休日を楽しむための時間
  • 休日に成長するための時間

上記を意識して使っていきましょう。

ちなみに僕はフリーランスであるため、平日や休日関係なく時間を管理して生活を送っています。

そのため、平日と休日共に3つの時間を取り入れて、効率的に有意義な人生を送れるようにがんばっています。