FXは24時間トレード可能 土日のトレードや各スタイルを紹介

FXは株式と違って平日であれば24時間いつでもトレードができることをご存知でしょうか。

そのため24時間全世界の投資家たちがFXでトレードをしているのです。

日中仕事をしていて、夜しかトレードできない兼業投資家たちは不利になるのではないかと思うかもしれませんが、そのようなことはありません。

FXには動きやすい時間帯があったりするので、その時間帯を狙ってトレードすることにより最大限のチャンスを掴むことができるのです。

そこあで今回はFXで24時間トレードができ、日中に仕事をしている人でも勝つことができるトレードスタイルを紹介します。

FXは24時間トレード可能だが平日のみ

FXは平日であれば24時間トレード可能となっています。

そのため休日である土日はトレードをすることができません。

それではなぜ24時間トレードをすることができるのでしょうか。それはFXが世界各国の通貨を取引しているからです。

東京市場は日本時間の朝9時~夕方17時まで取引をしています。

するとその時間で終わってしまうと思うかもしれませんが、17時になるとロンドン市場が始まり22時からニューヨーク市場が始まるので、常に舞台を移動させながら市場がオープンしているため24時間取引ができるのです。

東京が始まる前はオーストラリア市場が開催しているのですが、この中でも

  • 東京
  • ロンドン
  • ニューヨーク

は3大市場と呼ばれ、この市場で取引が始まると活発的に取引が行われるのです。

基本的にはこの中でもロンドン市場の取引が一番大きく、次いでニューヨーク、そして東京となっています。

そのため日中よりも夕方から深夜にかけて値動きが激しくなる傾向がFXにはあるのです。

 

夏と冬によって時間が変わる

実は夏と冬で米国のニューヨーク市場の開催時間が変わるのです。

米国ではサマータイムと呼ばれる夏時間適用期間が3月から11月となっているので、サマータイム中は市場の開始時間が1時間前倒しとなります。

ロンドンの場合は17時が16時から、ニューヨークの場合は22時が21時からとなるので、必ず注意するようにしておきましょう。

基本的に3大市場の開始1時間は、ボラティリティ(値動き)が激しくなりやすいのでポジションを持っている場合は、チャートを確認しておく必要があります。

 

ドル円だと夕方から値動きが大きくなり始める

ちなみに多くの方がトレードすることとなる、ドル円の場合は夕方のロンドン市場から値動きが激しくなりニューヨーク市場が始まるとピークを迎える傾向にあります。

もちろん東京時間でも動くには動くのですが、穏やかな動きが特徴てきでまったりしているのです。

ドルはもっとも流通している通貨であるため、ニューヨーク市場で最も動きが激しくなる傾向にあります。

特に米国の経済状態を発表する経済指標では、ボラティリティが激しくなり急激に動くので注意が必要です。

時には0.5円ほども動くこともあるので、重要な経済指標の発表時などにはポジションを持たないようにしておきましょう。

 

それぞれの働き方によるトレードスタイルを紹介

FXが24時間トレードできるといっても、仕事をしている時間はトレードできません。

そこで、各仕事の時間からそれぞれに合ったトレードスタイルを紹介します。

日中働いているサラリーマンが不利なわではありませんし、夜勤の人にもチャンスはあるのです。

ここで紹介スタイルはあくまでも、おすすめのスタイルでしかありません。そのため自分でトレードをしていく中で最適なものを見つけていくことが大切となります。

 

日中仕事の場合は夕方から夜にかけてトレードを

サラリーマンや主婦でパートなどで日中仕事をしている人は、帰宅中の夕方からトレードを始めると良いでしょう。

17時からであればちょうどロンドン市場がオープンするので、値動きが大きくなり始めるタイミングです。

そしてニューヨークが始まり深夜12時か1時ごろまでトレードをするのが理想でしょう。(なるべく翌日の仕事に影響が出ない時間で切り上げましょう。)

それとできるだけ休憩時間に、東京市場での動きを観察しておくことでロンドン市場でどのような動きになるのかを、一連の流れで見ることができるので初心者の人にはおすすめです。

 

夜勤の場合は東京時間に集中を

夜勤で夜にトレードができない人の場合は、東京時間でのトレードをおすすめします。

東京市場でもボラティリティはある程度発生するので、十分利益を出すことができます。

特に東京市場の場合は、開始1時間である9時~10時までの間で動きが大きくなるため、この時間には必ずチャートを観察するかポジションを持っておくと良いでしょう。

そして夜勤の方でも同様に、夜中のニューヨーク市場での動きは必ず見ておくようにしておきましょう。

特に日本の株式や為替は、米国の株式などの影響を受けやすいので同じ方向に動く傾向があったりします。

そのため夜勤で夜トレードできないとしても、必ず不利となるわけではないのです。

 

平日休みの人は存分にトレードをしよう

ここまで解説してくると、もうお分かりの人も多いかもしれません。

土日が仕事で平日休みの人は、存分に休日でトレードをしましょう。

1日を通してトレードができるので、チャンスを逃さないようにすることが大切となります。

もちろん焦って不利な場面でエントリーするのではなく、勝てる場面でエントリーをして確実に勝つことが重要となります。

とくに1日あるからと言って、無理やりなポジションを持ってしまうと結局損失につながることもあるので気を付けましょう。

 

24時間トレードをできると言っても、常にチャートを見ておく必要はない

FXで24時間トレードできるといっても、常にチャートを見ておく必要はありません。

例えばスキャルピングと呼ばれる、常にチャートを見て一瞬のチャンスを拾うようなトレードをしない限り。

ただニューヨーク市場などは常に値動きを見ておけば勉強にはなります。

ここまで各スタイルを紹介してきましたが、無理にデイトレードをする必要が無いことを紹介しておきます。

デイトレードとは1日の内に取引を全て終わらせてしまう取引となります。デイトレードとなると常にチャートを見ておく必要がありますし、日中働いている人にはかなり難しい手法となってしまうのです。

スイングや2,3日のポジションでトレードをすることが、無理のないトレードとなるので兼業投資家の人にはおすすめです。

 

自分に合ったトレードスタイルを見つけよう

FXで大切なことは、自分に合ったトレードスタイルを見つけることです。

無理に人のスタイルに合わせたりすることで、結果が出せない場合は意味がありません。

特に日中仕事をしているのに、デイトレードをしたりすると勝てない原因となるかもしれません。

もちろん場合によってはデイトレードやスキャルピングが合っていることもあるので一概には言えませんが。

当然3大市場でも値動きに特徴があり、自分に合った市場の値動きがあります。

そういった自分に合ったスタイルや手法は、実際に試していく中で見つけていくしかありません。何回も試行錯誤を重ねて自分で見つけていくのです。

もちろん自分がトレードをするためのパソコンやスマートフォン、タブレットなどからどのツールを使うのか、そういったところまで自分に合ったものを見つけていく必要があります。

そこが最適化された時に、人よりもFXで優位に立つことができるでしょう。