初心者が50万円でFXを始める場合に全額投資をしてはダメ?

 

さあ、これからFXを始めて金持ちになるんだ!

FXをやることの目的が、金持ちになることであったり、お金を稼ぐこと、というのは悪いことではありません。モチベーションを維持し続けることができるのであれば、素晴らしい目的となるでしょう。

ここでよく聞かれるのが、FXを始めるためにはいくら準備すればよいのでしょうか? と言う質問です。

もちろん、いくらから始めて問題ありません。 と言いたいところですが、実際のところFXを始める人で準備できる資金の中で、割と多いのが50万円という金額です。

そこで今回は、FXをこれから始める初心者が資金50万円をどのように使えば良いのかを紹介します。

ちなみにこの記事を読むころには、FXを始めるために何をすれば良いのか見えてくるはずです。

そのため準備できる資金に関係なく、初心者の方は必ず目を通してみてください。

初心者がFXを始めるのに50万円全額使ってはダメ!

もしFXをこれから始めようと思う初心者の人が、資金50万円を準備できたとしたら、その50万円を全額FXに使ってはダメです!

まずお伝えしておきたいのが、FXは参加者の内約9割の人が退場していく世界となっています。その世界で生き残るためには、それなりの勉強や経験値が必要となるのです。

それではもし、FX初心者が50万円全額を使ってトレードを始めたらどのようなことになるでしょうか。

全額溶かす可能性もある

FXの世界では、1度は資金を全額溶かすと言われてます。ちなみに溶かすとは資金を失ってしまうという意味なります。

もちろん初めはビギナーズラックが起きるかもしれません。しかしそれは一瞬のことで、次の日、または次のトレードでその勝ち分は全て溶かしてしまう恐れがあります。

FXのことを、右も左も知らない初心者では、大切な資金を全て持っていかれるのは時間の問題と考えてもらってもいいでしょう。それだけ、お金を失ってしまう世界なのです。

それでは50万円全てを溶かす可能性がある世界で、FX初心者どのようにすればよいのかを紹介します。

まずは50万円からではなく10万円から始めた方がよい

もし手元に50万円自由につかえる資金があるのであれば、まずはそのうちの10万円をFXに使ってみて下さい。

もちろん10万円から増やせるかもしれませんが、負けていく可能性のほうが残念ながら高いのが現実です。その10万円は本来は溶かしてはダメなのですが、溶かしても大丈夫と思う勢いでトレードをしましょう。

ここで大切なのが、50万円を溶かしたとしても10万円を溶かしたとしても、FXにおいて資金を失い相場から退場してしまう経験は1回なのです。

つまり資金を溶かしてしまうと理解しながら、すべての資金を使うのではなく、その一部を使うのです。全額を使い損失を出してしまうことだけは避けなければならないのです。

そして10万円を溶かしたら、再び10万円を入金してトレードをしましょう。

そうすることにより、経験値や知識を貯めていくのです。一回目に10万円を溶かした速度よりも、2回目の方が遅くなりますし、人によっては2回目から資金を増やせる可能性も高くなるのです。

ここで大切なのは、負けてしまうことが前提となりますが、50万円全額溶かすのではなく、5回に別けて資金を増やすことができるのかを試して行くのです。すると自然と自分のトレード手法やルールが身についてくるのです。

FX初心者はいくら資金を準備すればいい?必要な知識は?

FXで50万円から資金を増やすのは、手法やルールを確立してから

ではいつまでも50万円を10万円に別けてトレードをつづけていくのか。そんなことは当然ありません。

初心者にとってFXの世界で生き抜くためには、自分の手法とルールを確立することが唯一の手段です。その手法とルールを見つけることが最優先で、尚且つ10万円を1度溶かすと相場から退場してしまうという経験を得れるのです。

まずは手法を確立させる

まずは手法を確立させましょう。

これは実戦の中でも、シミュレーションでも、どちらでもかまいません。

自分の手法がないFXというのは、単なるギャンブルでしかありません。

なんとなくこのチャートはこれから上がるだろう、昨日も下がったのだから今日も下がるだろうと、カン的なギャンブルトレードになってしまうと、当然ながら勝つことはできません。

そのような状態から脱するためにもまずは手法を確立させるべきなのです。

それとどんな手法でも問題ありません。大切なのは勝つことができる手法なのかということです。もちろんシンプルなものでも問題ありません。

ルールも確立させる

手法と同時に大切となるのが、取引ルールです。

こちらもルールを明確にして確立しておかなければ、FXの市場で生き残ることは難しいでしょう。

特に損切りラインであったり、経済指標発表時や要人発言時などはトレードをしない、さらにはお酒を飲んだ後は絶対にトレードをしないと言った、自分にとって大切な資金を守るためのルールを確立させましょう。

ちなみにルールを確立させる上で参考にすべきことが、自分が負けるパターンや状況を明確にしておく必要があります。

自分の弱点を知ることで、その瞬間のトレードを無くすのです。そして勝てる場面のみのトレードを増やしていく必要があるためです。

FXでお金を稼ぐためには?損失を出さない3つのルール

そして10万円から資金を増やしていく

50万円中の10万円でトレードをしていく中で、手法やルールを確立できたのであれば、10万円から資金を増やしていきましょう。

この時に大切となるのが、10万円から資金を追加していく前に、10万円をどれだけ増やせたかに着目してみてください。

いきなり10万円から残りの金額を追加してもよいですが、自分の手法やルールでどこまで戦えるのかを確認しておく必要があります。

例えば、10万円を20万円に増やすことができれば、それはかなり素晴らしいことです。100%の実績を残すことができる手法とルールを確立できたということになります。

そのような経験を積み、自身を持ったところで10万円から資金を増やしていきましょう。

一度資金を溶かすと相場観が変わる

50万円を10万円に別けてトレードをするということは、資産を溶かすことで得る経験値を積むためでもあるのです。

確かに一度も負けることがないトレーダーであれば、それは素晴らしいでしょう。しかし、現実にそのようなトレーダーを見たことはありません。ましてやプロのトレーダーたちこそ、1度や2度以上の相場から退場を経験しています。

失敗から得ることができる経験は計り知れません。失敗は成功の秘訣と言われるくらいのものです。それを早い段階で知ることで、間違いなく今後トレーダーとしての成長のブーストとなることは間違いありません。

FX初心者におすすめなのは1,000通貨から始めれる口座

ちなみに10万円からトレードをする場合には、1,000通貨からトレードができる会社で口座開設をしましょう。

ちなみにドル円でレバレッジを25倍で取引を行なうと、10,000通貨だと約40,000円必要となりますが、1,000通貨であれば4,000円からトレードができます。

10万円しか資金を投入できない時には、小回りが利く1,000通貨で取引をした方が間違いなく有利に立ち回ることができます。怪しい場面でも少額のロットで張ることができます。

さらにレバレッジを低くしても取引ができるので、なるべく1,000通貨から取引ができる会社で口座を開設しましょう。

FX初心者は50万円からではなく10万円×5回の方がおすすめ

以上がこれからFXを始めようと思う人が、50万円準備できるとすればどのように始めればよいのかの紹介となります。

初心者の方であれば、50万円をいきなり全額使うのではなく、10万円×5回に分けてつかうことをおすすめします。もちろん10万円を溶かしたら、ふたたび10万円を追加する形です。

まずは、FXにおいて上手くトレードをできるようになるために、手法とルールの確立が必要となります。手法もルールも無い状態だと、間違いなく50万円を全て溶かしてしまうでしょう。

そして10万円を分けてトレードをすることで、それなりの経験値を積むことができます。50万円全額を溶かしてしまってはそれで終わりです。

10万円であれば、残りのお金で再起をはかることが可能なのです。FXでは目的や思いはあまり関係なく、結果的に口座のお金が増えたのか、減ったのかが重要となります。

そのためにも、今回紹介した方法が初心者にとっては最短のFX成長方法かもしれません。もちろん人によって違うかもしれませんが、何をやっていいか分からない人は、試してみることをおすすめします。

FXは24時間トレード可能 土日のトレードや各スタイルを紹介