年末に1年のトレードを振り返ってみるのはいかがでしょうか?

12月31日、大晦日になると1年の振り返りを行ったり、来年の目標を立てる人も多いのではないでしょうか。

私も30日に1年の目標を立てて、31日に目標をブラッシュアップして、1年を振り返りました。

もちろん、仕事や私生活全てについてなので、FXについても振り返りを行うことが重要です。

人によっては1年の内に、トレード手法が変わった人もいるでしょうし、そのまま自分の手法を貫き通した人もいるかもしれません。

私自身は、トレード手法を常に改善しつつ、なるべく感情の赴くままトレードをしないように心がけています。

来年は更なる躍進の年とさせるために

1年の振り返りを行う事は、ただ懐かしさを感じるだけではありません。

来年は、更なる躍進の年とさせるために、行うのです。

1年と言うのはあくまで人が決めた暦です。

そのため何も考えなければ、そのまま時が過ぎてしまいます。

それではもったいない、それでは成長できないということから、自分を成長させて躍進させるために振り返りを行うのです。

FXの市場参加者は常に変わり続けている

FXはゼロサムゲームと呼ばれ、参加者の全てが勝てる投資ではありません。

よく言われるのは、参加者の9割が1年以内に退場するとされています。

非常に過酷な世界と感じることもありますが、勝っている人もいることは事実です。

私は、市場参加者が常に変わり続けているという点に着目をするようにしていて、その関係で手法を常にブラッシュアップするようにしています。

9割の人が退場するFXでは、1年の一定期間で退場するのではなく、毎日新たな参加者が来て、退場していく人がいる。

そのことを意識しているため、手法については固定させずに、気づきかあった際にはある程度の変更を加えることがあるのです。

1年の振り返りをしてみると

トレードに関して1年の振り返りをしてみると、

2019年は年始のフラッシュクラッシュから始まりました。

あの日は時速10万円を超える利益を上げ喜んでいましたが、すぐにその利益は溶けてしまう結果となりました。

今振り返っても、完全に流れに乗ったギャンブルのようなトレードで得た利益であったため、簡単に溶かしてしまったのでしょう。

そして今年は結果的に、そこまで利益を上げることができませんでした。

夏ごろにはかなりの損失を出してしまい、一度は退場ギリギリまで資金を溶かしてしまうことも。

その頃に手法を改めてみることを決め、実は現在でも手法を改善しながらトレードをしています。

デイトレードに固執をし過ぎていた

かつてはデイトレーダーとして、デイトレードのみにトレードスタイルを固執させていました。

そのため、ポジションは夜寝る際は持ち越さない、長期的な目線を意識しつつも直近の値動きを意識する、ということばかり意識をして大事な物を見失っていたのです。

FXで大切なのは、いかにトレンドの流れに乗れるかということです。

つまり長期的なトレンドに従って、取引ができているかと言うこと。

日足が下降トレンドなのに、1時間足と5分足を見て上昇トレンドを形成しいてるので買っていく。

当然ながら大きな流れに逆らう形となるので、負けてしまうことは当たり前ですよね。

一時的に勝てたとしても、それは逆張りであるため、見極めることができなければ負けてしまいます。

そして、結果的にはデイトレードに固執するあまり、長期的な目線を見誤ることで、失敗を重ねました。

常に失敗から学び、次へ活かしていく

デイトレードに固執しすぎていたことから、少し長期的な目線でトレードに取り組むことにしました。

すると、成績が上がり始め負ける回数が減りました。

FXでは負けるトレードを繰り返しても意味がありません。

勝てるトレードに方向転換や手法改善をしていかなければならないのです。

もちろん、負けることによって学ぶことができます。

大切なのは、失敗から学び、次の勝ちへ活かしていくことです。

これは1日や2日で出来る人もいるかもしれませんが、私は非常に時間がかかってしまいました。

どんなことでも失敗を重ねて成功させることができるように、FXでも失敗することで成功へとつなげることができるのです。

1年を振り返ることによって、自分の進むべき道を示す

1年を振り返ることによって、FXを通して自分が何を成し遂げたいかを見つける必要があります。

ただ、淡々とFXをしています。

もしかするとそんな人もいるかもしれませんが、ごく少数でしょう。

なぜFXしているのか、する必要があるのか、そこでお金を稼いでどうするのか。

その点を明確にさせる、軌道修正させる、自分が進むべき道をあらためて見直すことを、1年の振り返りで見つけることができます。

もちろんその中には、FXの手法やルールについても見直して改善させる必要もあるでしょう。

大切なのは、自分が今よりも来年には一歩進むことができるのかです。

一歩減退をするよりも一歩でも進んだ方が、人生では有利に、やりたいことで生きていける可能性が開けます。

みなさんも1度振り返ってみはいかがでしょうか

1月1日から新たな年の幕開けです。

もちろんトレードは1月2日からですが、1日から新年はスタートしてします。

そのスタートの流れに乗ることができれば、第一歩としては完ぺきではないでしょうか。

乗れないとの乗れるのでは大きく違いがでて、結果的に1年のトレードに影響を与える気もします。

FXだけではなく、1年の生活をより良いものにするために、振り返りを行い、来年を気持ちよくスタートをさせる準備をしてみましょう。