FXはやめておけと言われる真実の理由を紹介

FXは危険だからやめておけ、借金地獄にはまるぞ。

そんな話を聞いたことや、言われたことが一度はあるのではないでしょうか。

まず、はじめに紹介しますがFX自体は危険なものではありません。危険なのはFXのリスクについては正しい理解を持っていない場合です。

今回はそんなFXが危険と言われてしまう理由を紹介します。

もしFXについて危険という認識をもっているのであれば、それは正しいかもしれませんが、説明の仕方によって意味合いが180度変わることもあります。

正しいFXについての紹介ができるようになれるために、この記事を読んでもらえればと思います。

なぜFXはやめておけと言われるのか?

FX自体が危険でなければ、なぜFXは危険と言う人たちがいるのでしょうか?

もしFXを危険と聞いた場合には、その人がFXの経験者なのか、その危険性を正しく紹介できるのかを確認することが重要となります。

FXが危険と言う人の中には、先入観などからFXをしたこともないのに危険と言う噂だけで、人にやめておけと紹介する人もいるのです。

それではFXが危険と言われてしまう理由を紹介します。

 

FXで過去に失敗した経験があるから

FXで過去に失敗した経験がある人は、FXは危険と説明する場合があります。自身の経験からFXの危険性を理解して、自分と同じ道を歩んでほしくないということから、FXは危険だと話をするのです。

ここで重要なのが、そのFXで失敗した経験の内容です。どのような場面で、どのような理由で失敗をしたのか、そこの説明を聞かない限りFXが危険と言う判断をしてはいけないのです。

例えば、FXで失敗した理由が自身の判断ミスや、トレードルールを無視したもの、そもそもギャンブル的なトレードしかしていない場合にはどうでしょうか?

そのような経験からFXは危険と言われても、本当にFXが危険なの判断することはできません。

ただ、FXで急騰や急落に巻き込まれた場合などは話を聞くべきです。まさにそれが天災や経済的状況の変化によるものであれば、今後投資を行なっていく中で役に立つ知識の一つとなるからです。

 

FXは危険と言う理由を鵜呑みにしている

このパターンが一番最悪とも言えます。

FXをしたことがないのに、FXは危険だと説明してくる場合です。

たまにあるのですが、FXは危険だという世間の話や、人伝えの話を鵜呑みにしてしまい、他の人にもFXは危険だと話をする人がいます。

このような時は、話半分で聞きましょう。それか話を聞かなくてもいいですし、そのように思っている人がいるということを覚えておいておけば大丈夫です。

話の内容が薄い場合には、FXが危険と言う根拠を説明しきれない場合が多いのでスルーしておきましょう。

 

FXで楽して稼ぐことが悪いことと捉えている

日本人に多いパターンです。楽をしてお金を稼ぐことに対して、悪いと思っている人です。

このような人はメディアの流す、過大表現を本当に信じたり、自分は苦労して働いているのに、簡単に金持ちになる人が許せないという考え持っている人に多いのです。

覚えておいて欲しいのが、楽をして稼ぐことは悪いことではありません。楽をして稼ぐことに対して悪いと思っている人は偏見でしかないのです。

そしてもう一つ、FXは楽をして稼げるほど簡単ではありません。参加者の内9割が損失を出してしまう投資なのです。

そのためFXで稼ぐことは悪いことではありませんし、本当にFXで稼ぐことができるのであれば、どんどん稼ぐべきです。

意味の分からない楽して稼ぐことは悪と言う意見は無視をしても問題ないでしょう。

 

FXで危険なのは、そのリスクを理解していないこと

FXで危険なことは、FX自体ではなくFXにおけるリスクを理解していないことです。FXをやめておけと言う人の多くは、FXのリスクに対して正しい知識を持ち合わせていない可能性が高いのです。

FXにはレバレッジや強制ロスカットと呼ばれるリスクがあるのです

リスクの一つレバレッジ

レバレッジとは、FXでトレードをするために口座に預けている資金を最大25倍まで増やしてトレードをすることができるシステムです。

よくレバレッジをてこの原理と紹介されることがありますが、少額のお金で大きい金額を動かす感じと言えるので、てこの原理と紹介されています。

では実際にFXでレバレッジをかけるというのは、口座に預けてある自己資金の最大25倍までのお金を、取引会社がお金を貸してくれるということです。

このレバレッジをかけてトレードをしていると、損失金額が大きくなると元本割れと呼ばれる元の資金に損失が出てくる状態となります。その金額が一定以上となるとFXの取引会社が強制ロスカットと呼ばれる、もっているポジションを損失ごと決済してしまうシステムがあるのです。

強制ロスカットにより、決済されたポジションにおける損失は自己資金より返済され、足りない分は追証と呼ばれる借金となるのです。

そのためFXにおいてフルレバと呼ばれる25倍でトレードをすることは、非常にリスクが高いのです。しかしフルレバでも勝てる場面や、損切りラインをきちんと設定して逆指値を入れておけば怖くはありません。

FXでレバレッジをかけることは危険?

リスクを理解していればFXは危険なものではなくなる

レバレッジは仕組みを理解して、資金の許容範囲内でトレードをすれば怖いものではありません。逆に勝てる場面では有利に働くのです。

もちろんFXで100%勝てるという場面はそうそうありません。そのためレバレッジのリスクを理解すると共に、対策として損切をきちんと行えるようになる必要があるのです。

損切りは自分の資金を守るのと、次の投資へ資金を残しておくために行うのです。自分の判断ミスを認めて次のトレードで勝てるようにつなげていくのです。

そしてリスクを理解した上で大切となるのが、場面によってポジションの量を調整することです。常にフルレバで資金量最大でトレードをすることは危険でしかありません。ギャンブルのようなトレードで失敗をして、FXはやめておけと言っているのとかわりありません。

そのため、相場が不安定な時はポジション量を減らして少額トレードをしたり、有利な場面ではポジション量を増やすなどの対応がトレーダーには必要となるのです。

少額からトレードができる口座を開設しておく

1つの口座でのみトレードを行ない続けることは、少し聞けなのはご存知でしょうか?

もしその口座が使えなくなったり、取引会社が何らかの理由でトレードできない時には一切のトレードが行なえなくなってしまいます。そのような事態を避けるためにも、サブで口座を持っておくべきです。

もちろんポジションの量を調整するためにも、少額でトレードを始めることができる取引会社で口座開設をしておきましょう。

少額からトレードができる会社の基準として、取引最小単位が1,000通貨の会社を選ぶことです。

いくつかの会社で1,000通貨よりトレードをすることができますが、中でもおすすめが外為ジャパンFXです。

外為ジャパンFXは、スプレッドと呼ばれる取引手数料が業界最狭水準であり、少額からの取引が可能です。

もちろんパソコン用の専用取引ツールだけではなく、モバイル用のiPhoneアプリやAndroidアプリが用意されているので手軽にトレードをすることができます。

もし会社選びで迷った時には、外為ジャパンFXをおすすめします。

自分の目で確かめてみることが大切

以上がFXは危険だからやめておけと言われる理由の紹介となります。

確かにFXにはそれなりのリスクがあり、場面によっては危険かもしれません。しかしそのリスクを理解してい、トレードをするべき場面を選べば危険ではなくなります。

そのためにも、まずは自分の目で確かめてみることが一番です。

実際に自分でトレードをして、本当に危険なのかを確かめてみることが大切となります。

確かに人から得た情報は有益な場合がありますが、あくまでも人から得た情報です。その情報には尾びれや背びれが付いている可能性は高いでしょう。

もしいきなりトレードをすることが怖い場合でも、デモトレードで実際にトレードを体験することができるので、試してみてはいかがでしょうか。