FXは土日にトレードをすることはできる?できない場合は

FXトレードをしていると、仕事終わりしかできなかったりして十分にトレードできていない気持ちになることはないでしょうか。

実際に兼業投資家として日中仕事をして土日に休んでいるとトレード時間が短いと感じることがあるかと思います。

そんな時、休日である土日にトレードができれば最高じゃないかと考えたことがあるかもしれません。

しかし先にお伝えしておくと、FXは土日にトレードをすることが出来ないのです。

少しショックを受ける人もいるかもしれませんが、トレーダーは土日でもやることがあることをご存知でしょうか。

そこで今回はFXは土日にトレードをすることはできるのか、できないのなら土日は何をすれば良いかを紹介します。

 

FXは土日にトレードをすることはできない

FXは土日にトレードをすることができないのです。

厳密に言えば、月曜日の午前7時~土曜日の午前6時半までがトレードできる時間となっています。(夏時間の場合は土曜日午前5時半まで)

FXがそもそも24時間トレードできるのは、日本以外の取引市場が日本時間で夜になったとしても開いているためです。

そのため、世界の市場も土日は休みとなるため日本でも土日にトレードをすることができません。

それでは土日にトレードできないということで、土日はチャートを開かずに好きなことをしても問題ない、と考えてもらっても問題ありません。

しかし日々努力を重ねるトレーダーや、稼いでいるトレーダーは土日もチャートを見ているのです。

FXは24時間トレード可能 土日のトレードや各スタイルを紹介

 

実は中東の市場だけは土日でも開催している

先ほど世界の市場が休みとなるので、土日はトレードできないと紹介したのですが、実は土日でも動いている市場があるのです。

中東のバーレーン市場は土日でも開催しているのです。しかし先ほど紹介しなかったのは、取引量がものすごく少ないためほとんど値が動くことがないのです。

さらにそこでトレードできたとしても(日本の取引会社が休みなので出来ないが)ボラティリティが無いため利益を出すことすらできないのです。

ただこのバーレーン市場が開催しているがために、週明け大変なことにもなるのです。これについては後程紹介します。

 

FXでトレードをする人は土日に何もしなくてもいいの?

FXが土日にトレードできないとしても、トレーダーはチャート見ている。

それは土日に1週間の、自分のトレードを見直して分析したり、月曜日からの戦略を立てるためにチャートを見ているのです。

もちろん土日に本を開いて勉強する人もいるため、トレーダーにとって土日は休みとは言えないのです。

 

FXトレーダーが土日にできること

まずFXトレーダーが土日にできることと言えば、その週の自分のトレードを見直して分析することです。自分がどのようなタイミングでエントリーして利確や損切をしたのか、なぜエントリーの方向がそちらだったのかなどを分析します。

すると自分のトレードの弱点や反省点が見つかり次週からのトレードに活かすことができます。

もちろん土日に勉強することもおすすめです。土日にすることが無いからと言って何もしない選択をすることもできますが、間違いなく他のトレーダーと差が開いてしまうでしょう。

月曜日から一歩でも彼らに勝てるように、勉強しておくことは大切なのです。

それと仕事もトレードも体が資本となります。まあトレードに関しては資金が必要となりますが。

それでも体が動かなければ、満足にトレードすることも考えることもできないので、大切なのは変わりないので身体の健康を第一に優先すべきです。

 

FXは土日の世界情勢で一変することも

市場は土日になると休みとなり停止しますが、世界情勢は休みなく動いていくのです。

そのため土日に要人が経済について発言したり、災害などの天災があった場合は月曜日からのトレードに大きな影響を与えるのです。

よくその影響の結果、窓が開くという表現をします。

窓が開くというのは、値が動きすぎて金曜日の終値と月曜日の始値が乖離しすぎた状態のことです。

例えば、金曜日の終値が1ドル100円だとして、月曜日の始値が99円の場合1円もの窓が開いてしまったということになるのです。

もし週末に買いのポジションを持っていたら、大変なことになって・・・

しかし、なぜ土日は市場が休みなのに窓が開いてしまうほど動いているのでしょうか?それは先ほど説明した土日でも開催している市場があるからです。

バーレーン市場が開催しているので、土日の間に何かあれば値が動いてしまうのです。

そのためバーレーン市場は未来レートと呼ばれる表現をされることもあるのです。

窓が開く恐れがないか、世界情勢を調べておくこともトレーダーにとって土日の仕事となるのです。

 

FXだけではなく、健康のことも考える

ここまで土日はチャートを見て分析をして、勉強をすることを勧めてきましたが、すべての時間をそこに注ぐというわけではありません。

実際に兼業投資家として働きながらトレードしている人にとって、休日は大切なものです。

働きながらトレードをするというのは、2つ同時に仕事をしていることと同じことなのです。

つまり土日に勉強ばかりするのではなく、休息を取ったり遊んだりすることも大切となるのです。

平日朝から働き、夕方や夜に帰ってからトレードをする。これは1日寝ている時間以外は働いていることとなります。働きっぱなしで身体を壊してしまっては意味がありません。

健康な体があってこその人生です。FXで何を得るかは、人それぞれかもしれませんが、体を壊した状態で得たとしても意味がありませんよね。

そのためにも健康には必ず気を遣わなければならないのです。

 

土日の休みだからこそ運動を

できれば土日の休みだからこそ、運動を取り入れることをおすすめします。

FXとは関係ないように思えますが、研究結果によっては20分以上の運動をした方が脳が活性化されるため、トレードにとっては良いという結果もあります。

もちろん運動はストレス発散にもなりますし、せっかくの休日が家の中で終わってしまってはもったいないですよね。

それと運動をする人としない人では、年齢の重ね方が違うと言われるくらい運動は重要です。

運動するからには食生活にも気を付けましょう。なるべく肉だけではなく魚や野菜を摂取するようにして、脳に栄養を与え、再び一週間頑張れるようにする必要があるのです。

トレーダーは世間的なイメージとしてはパソコン画面をみてクリックするだけで稼げるというイメージがあるようですが、そのようなことはありません。

自分の体調や資金管理、平日の仕事とのバランスを取りながら、様々なことを考えなければならないからです。

 

まとめ

以上が土日が休みのFXで、どのように過ごすことが良いのかを紹介してきました。

FXで窓が開いてしまうことはある意味仕方がありませんが、見方によってはチャンスとなります。開いた窓は必ず閉じるからです。

つまり窓が閉まる方向に向かってエントリーすれば確実に利益を出すことが出来ます。しかし、その窓が閉まるのが何日、何週間、何年先になるかはわからないのですが。

人は毎日働くことは健康にも、仕事のパフォーマンス的にもよろしくありません。適度な休暇を取りつつメリハリをつけて働く方が効率的です。

トレードも成果が出ない時には休むことも必要です。いつまでも同じことを繰り返しているようでは、成果を出すことはできません。

もちろん余力がある人は土日も勉強をしつつチャートを見ても問題ありません。