FXの学び方は?初心者におすすめなのは本を読むこと

FXを始めたばかりの初心者や始めようと思っている人に、どのような学び方が良いのかを今回は紹介します。

当然ですがFX初心者や未経験者の人がどのような学び方が一番良いのかなんてわからないですよね。

特にインターネットでこれだけたくさんの情報を得ることが出来る現在では。

しかしこれだけインターネットが発達して情報を得ることが簡単な時代となりましたが、それでもインターネットが一番と言えないこともあります。

そうFXをはじめて学ぶ時には、本を読み勉強することが一番おすすめできるのです。

本に書いてある内容は、これまでFXで成功してきた人たちの共通点であったり、情報として正しいものを得ることができます。もちろんFXの基礎的なことまで。

そこでFXを始める前に必ず悩む、どのような学び方が良いのかを今回は紹介していきたいと思います。

 

 

FX未経験者や初心者の学び方は、本を読むところから

FXを始めて勉強するときは、圧倒的に本を読んで勉強することをおすすめします。

もちろんインターネットで情報を集めたり、初心者向けに解説してあるサイトを参考にしても問題はありませんが、なるべく本を読んで勉強した方が効率的と言えます。

それでなぜ最新の情報であふれているインターネットではなく、本で学ぶ方が良いのかを紹介していきます。

 

なぜFXの学び方は本?

まずはじめにFXを始める前の人は、はじめてトレードするときに必要な基礎知識を何も知らない状態です。

そんな状態で誤っている情報や中途半端なところから勉強してしまうと、結果的に遠回りとなったり間違った情報をそのまま使っていくことにもりかねません。

本であれば、基本的に記載されている内容は正確なものですし、だれが読んでも理解できる内容となっています。

つまりFXの学び方として本を使うことで、正しい情報をわかりやすく勉強することができます。

 

本を読むことのメリット

それでは本で勉強することのメリットとは一体どのようなものでしょうか。

まずは、FX成功者や正しい知識を持っている人の文章を読むことができることです。

成功者の経験を学ぶことは実際に成功できる道をたどることもできますよね。

成功者でなくても、FXの雑誌や情報を出版している会社から出た本であれば、内容としては正確できちんとしている情報で勉強することができます。

それと本であれば自分で好きな重要箇所にマーカーを引くなど、自分好みに勉強していくことができるからです。

 

 

 

FXの学び方は本を読むことが1番?本以外は?

ここまでFXの学び方は本がおすすめと紹介してきましたが、もちろん本以外でも勉強していく方法もあります。

最近ではインターネットを使ったり、オンラインサロンに入ることも学び方としては増えてきました。

もちろん師匠となる人に教えてもらうことも良いかもしれません。

そこでここからはFXの学び方として、本以外にはどのような方法がおすすめなのかを紹介していきます。

 

最近ではネットで勉強することも

インターネットを使うことで、勉強することができます。

初心者向けの情報サイトやFXの取引会社のサイトに初心者向けのページが準備されているので、そこから勉強することが可能です。

他にもTwitterなどのSNSを活用することもできます。

例えば

このようにFX初心者向けに情報を流してくれる人もいるのです。

しかしFXをはじめる前の人や本当にはじめたばかりの初心者の人にはおすすめできません。

FXについて基本的なことは本で学んだ方が早いですし、SNSではあくまでもその人のやり方でツイートなどをしているので、必ずしも全員がその情報に当てはまるわけではないのです。

 

サロンなどの投資グループに入るという手も

最近ではオンラインサロンやSNSでグループ員として募集をしている場合があります。

オンラインサロンであれば月額会費を払えば参加できますが、必ず良い情報が手に入るとは限りません。

投資家同士がコミュニケーションをとる場となっていることもありますし、実際には具体的な技術ではなく精神論的なだれでも話せる内容しか、得ることが出来ない場合があるので

誰にでもオンラインサロンは紹介できるものではありません。

もちろん投資グループなどの場合も同じです。

やはり基礎を学びたい人やはじめたばかりの人におすすめできません。

 

詐欺の場合もあるので要注意

以前ほどではありませんが、現在でもFXの攻略法と称して、情報商材を売りつけられることがあります。

自動売買で簡単に儲けることができると嘘の情報で高額商材を売りつけてくることが、いまでもあるのです。

特に簡単に儲けることができるなどと、書いてある場合や話をしてくる時には注意が必要です。

FXは簡単に儲けることができるほど、甘くはありません。

勉強を重ね、経験を積んでいくことで成功していけるのです。

高額商材を買ったとしても、その商材で儲けることは難しいかもしれません。

 

 

やはり最低限基本の学び方は本

やはりFXを始めたばかりの初心者におすすめできる学び方は本を読むことです。

正しい情報を読むことで学べる本が、すぐにトレードできる状態まで成長するためには効率的でしょう。

もちろん本を読、基礎を学ぶことができれば、そこからは実践でトレードしていくことが大切となります。

それではFXをはじめるための基本を学ぶことができたら、その後はどのようにすれば良いのかを紹介します。

 

最低限の基本を学んだら

実際に基礎を学べば次は実戦で、学んだことを活かしていきます。

FXでトレードを開始するためには、証券会社などのFX取引ができる会社で口座開設をしなければなりません。

しかしFX取引会社もかなりの数があり、どこで口座開設をすれば良いのか迷うかもしれません。

そこで会社を選ぶ時の参考として、

  • 最小取引単位が1000通貨以下の会社
  • 取引手数料が少ない会社

を基準に選ぶようにしてください。

最小取引単位が1000通貨であれば、かなりの少額からトレードを始めることが出来るので初心者の方にはおすすめです。

それと取引手数料がなるべく低い会社を選ばなければ、手数料の分だけ損をすることとなるので気を付けましょう。

 

口座開設

それではどの会社で口座開設をするのか選んだら実際に口座開設をしましょう。

ここでは参考としてDMM FXの口座開設を紹介します。

基本的にどの会社で口座開設することとなっても似たような手順となっています。

そのためまずは以下の手順を参考にしてみてください。

  1. 口座開設の申し込み
  2. 本人確認書類+マイナンバー確認書類の提出
  3. 審査→審査結果連絡(郵送)

以上のように申し込み、実際に審査結果でOKがでれば口座に入金をしてトレードを開始することができます。

まずは少額から投資を始めてみよう

FXで勉強をするためには本がおすすめです。

基本を正しく的確に勉強することができるからです。

ただ重要なのがなるべく基礎の勉強に時間を使うのではなく、実際のトレードで経験を積むことの方が初心者にとっては大切です。

実際に経験を積む方が成長も早いですし、場合によってはすぐに結果をだせるかもしれません。

ただ基本を正しく学んでいることが前提となります。

そのためにも、どのようにFXの勉強すれば良いか悩んでいる人は、まずは本を買ってくるところからはじめましょう。