副業でFXをはじめるリスクとは?

 

副業でFXを始めようと思う人の多くが心配してしまうことがあります。

それはFXを始めることにより会社をクビになったり減給されてしまうリスクです。

もちろん他にも本業以外で収入が発生してしまうので確定申告をしなければならないなどのリスクもありますが、一番心配となるのは下手にFXをしていることがバレてしまわないかの心配です。

しかしその心配は意味のないものということをご存知でしょうか?

そもそもFXは副業にあたらないのです。

そうFXが副業でなければ、心配をする必要はあるのでしょうか

そこで今回はFXがなぜ副業にあたらないのかなど、副業でFXをはじめるリスクについて紹介します。

 

リスク以前にそもそもFXは副業にあたらない

副業でFXを始めるにあたり、多くの人がFXをしていることがバレてクビになってしまうなどのリスクを心配します。

しかしまず紹介しておきたいのが、FXは副業に当たらないということです。

実は現在のところ法的にFXが副業であるとは言われておりません。それとそもそもFXは投資です。

つまり副業ではなく資産運用の分類に該当し、資産運用であれば副業には該当しないということです。

 

FXは資産運用の一つ

FXは投資です。つまり資産運用によりお金を増やしているだけなのです。

そのためFXが副業であるとは言えませんし、気にする必要もありません。現在では国が推し進めるかの如くNISAなどの投資を進めているので、投資をやらない手はないと言っても過言ではないのです。

ただ、インサイダー取引に該当するような仕事をしている場合は別です。特定の会社の株が上がるなどの、会社内部の重要事実を知ることができる人が投資をすると違法行為となるので注意が必要です。

もしFXをやっていて利益を出していることを職場に知られたくない場合は、知り合いや同僚に喋らなければ問題ありません。

それと会社にもしFXをしていてバレることがあるとすれば、税金を納付時だけです。これも自分で確定申告をすれば問題ありません。

 

どうしても心配な場合は会社の社内規約を確認してみよう

もし副業でFXをはじめてみたいけど、どうしても心配という人は会社の社内規約などを確認してみましょう。

もしかするとFXなどの取引を社内規約で禁止をしている会社があるかもしれませんがごく少数でしょう。もちろんインサイダーの関係上銀行や証券会社で勤めている場合は禁止されている場合があるので注意が必要です。

つまりインサイダーや金融関係で働いていない限り、副業でFXをやることを心配する必要はありません。本当に心配であれば社内規約などを確認してみることをおすすめします。

それと副業がそもそも禁止をされている公務員の人も気になるかもしれませんが、FXは投資となるので公務員がやっていても問題となりません。

ただ一部国家公務員法で役職によっては収益を報告する義務があるので、自分の所属している公務員の法律を調べておきましょう。基本的に一般的な職員であれば禁止をされていないので気にする必要はありません。

 

FXは副業に当たらないかもしれないが、勤務中のトレードはやめよう

FXが副業に当たらないということで、勤務中にFXをやろうと考える人もいるかもしれませんがおすすめはできません。

あくまでFXは副業に該当しないだけであって、本業をほっといてFXをやることは本末転倒と言えるでしょう。

もし仕事中にFXをやっていることがバレてしまうと、本業を疎かにしているということで減給や何らかの厳罰が与えられてもおかしくはありません。

あくまでもFXは副業に該当しないというだけです。

そのため副業でFXをやる場合は、通勤中や休憩時にチャートを確認したり指値で注文を入れておく程度にしておくことをおすすめします。

もちろんデイトレードなどの常にチャートを確認する必要があるスタイルではなく、スイングトレードなどの週単位でトレードをするスタイルなどを手法とすることもおすすめです。

 

FXの年間利益が20万円を超える場合は確定申告を

そしてこれからFXをはじめる人が気を付けなければならないのが、年間の利益が20万円を超える場合は確定申告をしなければならないということです。

もし本業以外ですでに利益を得ている人は、その金額+FXで得た利益が20万円を超える時にも確定申告をしなければなりません。

これは雑所得が20万円以下の場合は申告が不要とされているからです。つまり本業以外の収入である雑所得が20万円を超える場合は、確定申告を行なう必要があるということです。

そのため本業以外で収入がある人は、きちんと収入について計算をしておく必要があるということです。

 

今すぐ稼ぎたい人のためにFXの始め方を紹介

もしかするとFXは副業に当たらないということで、今すぐにでもFXを始めたいという人もいるかもしれません。

そこでここからはFXの始め方を紹介していきます。

FXを始めるためにはFXの取引ができる口座開設する必要があります。

FXの取引ができる会社はいくつかあるのですが、おすすめなのは1,000通貨から取引ができる外為ジャパンFXなどがおすすめです。

ちなみにFXをはじめるためには以下のような手順となっています。

  • 口座開設申し込み
  • 本人確認書類の提出
  • 審査
  • 書類送付
  • 口座入金

簡単に説明すると口座開設の申し込みをして、審査結果を受けて書類が届いたら口座に入金をすることで取引が始められます。

FX初心者はいくら資金を準備すればいい?必要な知識は?

1,000通貨より取引ができる外為ジャパンFX

FX初心者の人が副業でFXを始めるために、大金を準備することはあまりおすすめできません。

まずは10万円程度からはじめるべきです。

そこで10万円の場合、10,000通貨でしか取引できない会社だと細かい注文ができないため不利となってしまいます。

そのため口座開設をするためには1,000通貨より取引ができる外為ジャパンFXなどをおすすめします。

ちなみに外為ジャパンFXは、スプレッドと呼ばれる取引手数料が業界最狭水準であり、少額からの取引が可能です。

もちろんパソコン用の専用取引ツールだけではなく、モバイル用のiPhoneアプリやAndroidアプリが用意されているので手軽にトレードをすることができます。

特に副業でFXをしている人にとっては、出勤時や休憩時にチャートが確認できるのでおすすめです。

 

まとめ

FXは投資で資産運用となるので、副業には該当しません。

そのため気兼ねなくFXを始めることができます。それでも、どうしても心配な場合は社内規定や職務規則などを確認しましょう。

最近では副業を始める人も増え、時には本業の収入を副業で超える人も出てきています。しかし現実的には労力のかかる副業を続けていくことは難しいのです。

本業で疲れているのに、そこから副業をするには厳しいといえます。

そのため自分が働く必要がない投資や資産運用に着目して始める人も多くいるのですが、そう簡単ではありません。

失敗や勉強を重ねて上達したり成長していく人が利益を出すことが出来る世界です。本業以外で収入を得るためにFXをやるにしても、かなり力を注がなければなりません。

それでも続けた人に成功は訪れるのです。