FXで失敗が続き、やめたくなったときのはなし

FXを続けていると勝てる時もあるけど、負ける時というのも必ずあります。単純に負けそうな時にはトレードをやめればよいと思うかもしれませんが、そう簡単にはいきません。

特に参加者の9割が負けてしまい、1年以内に相場から退場してしまう可能性がある世界で、負けてると言うことは当たり前なことなのかもしれません。

そこで負けが続いた時にふと、「もうFXはやめようかな」と思うかもしれません。

もちろんやめたって誰からも責められることは無いし、怒られことも当然ありません。やる気が無い中でFXを続けたとしても、さらに負けてしまうでしょう。

今回はそんな、FXで失敗が続き、辞めたくなった時の話を紹介します。

当初は勝ちを重ねたFX、気づけば退場寸前

ビギナーズラックとまでは言いませんが、当初はFXで勝ち続けることができていました。

しかし一度大きな負け、大きな損失を出してしまい、その損失分を取り返そうと思い始めたところから、負けが続いていきます。

負ける要因なんてものは、正直いくらでもあります。

不思議なくらいに負ける時には奇跡のような、天上で勝ってしまい、底で売ってしまう。

そんなことが当たり前に起きてしまいます。自分のエントリポジションがチャートの折り返し地点になってしまうことも。

そして損切を焦るがあまり、数pipsで損切りができてよかったと思いきや、相場が反転してポジションを持っていたら大幅なプラスに転換していたということも。

もちろんこのようなことは沢山起きてきました。すると自然に、自分はFXで勝つことができないのでは、FXをやめたほうがいいのではと思うようになり始めます。

そこでやめてもいいが、夢や目標をあきらめるのか?

苦しくてやめたくなるFX。

しかしFXをやめたら当初抱いていた夢や目標を達成することが、できるのかと思ってしまいます。

負けてしまうプレッシャーに耐えられない、自分がエントリーした瞬間相場の流れが変わる。まるで神が意図をして自分がまけるように仕組んでいるようにも思えてくるのです。

諦めることは簡単、それでも諦められない目標がある

FXを辞めてしまうことは簡単です。

しかし、辞めたら目標を捨てることにもつながりかねないという気持ちが、どこかにのこっているのです。

しかし、負けが続いて相場からの退場が目前に迫っている。

こんな時にどのような方法を取ればいいのかは頭の中では、分かってはいるのです。それでも実行に移すことは難しい。

負けが続いている時は一度休むことが大切

もし、負けてしまう流れが続いているのであれば、どこかでその流れを断ち切る必要があります。

その流れを断ち切る一番の方法は、休みを取ることです。相場から一度離れる。

FXで勝てなくなってしまった。どうしても勝てない時の対処法を紹介

そう勝てない時の対処法は、いくらでも知っているのです。

今こそ、その対処法を利用するとき。

負けてしまう流れを断ち切るためにも、休みを取るのです。

休みを取りつつ、負けてしまう原因を追究する

ただ休みを取るだけでも問題ありませんが、自分のが負けてしまう理由が分かっている時、理由を見つけたい時には、その原因を探る必要があります。

今回の場合は、手法がデタラメになっていたこと。ギャンブル的なトレードになっていたこと。

もはやトレードをしているのかわからないレベルです。こんな時に他から情報を得たとしても、何にも有効活用できない。

人の手法を真似はじめ、結局使いこなせずに負けてしまう。

その連鎖を断ち切るためにも一度休み、対応策を考えなければなりません。

やるべきことはただ一つ

やるべきことは分かっています。手法を新たに構築する事。

これまで使っていたいいかげんな手法ではなく、為替市場という猛者が集まる中でも自分を貫き通すことができる手法です。

それは難しいものである必要はないのです。単純でシンプル、かつ使いやすいもの。

同時に勉強のやり直しです。もちろん一からではなく、自分に足りないもの、自分が学ばなければならないもの。

ここまで負けが続くと、一度は何が不足しているのか分からなくなるかもしれませんが、休みを入れることでそこが見えてきます。

自分が学ぶべきことが。

FXで負けが続いたが、あきらめない道を選択した

FXをやめるという選択もありますが、自分の夢や目標を叶えるためにも、FXを続けるという選択をしました。

もちろん一度休みを取ります。そしてその期間に勉強して自分の手法を確立しなおします。

何よりも勝っているトレーダーに共通するものの一つとして、自分の手法を確立している。貫いている。

というものがあります。つまりFXの世界では自分の手法を持たない者は生き残ることができないということと言えるでしょう。

そして若干ポジポジ病気味だった癖を直す必要もあります。そのために一度相場からはなれて、冷静になり、自分のトレードができるようになって帰ってきます。

大切なのは冷静なトレードができるということ

もう一つ勝っているトレーダーと負けている自分を比べた時に、冷静な判断が常にできているのかという違いがあります。

もちろん知識量や経験の違いというのもあるかもしれませんが、それよりも大切なのは、その場その場で冷静な判断ができるのかということ。

例えば、相場では一瞬チャートが急上昇をしたり急下降することがあります。そして何もなかったように元の価格まで戻すと言う動き。一応ファンダメンタル的要因にアルゴリズムが反応することでこのような動きとなるようです。

この時に、大体のトレーダーは焦り損切をしてしまうことが多いのです。もれなく自分も。

この焦りを冷静に捉え判断することができなければ、勝つことは到底難しいでしょう。そのためにも自分のトレードルールを確立しておく必要があります。

手法とは別に、お酒を飲んだらトレードをしない、損切は必ず自分が設定したラインで行う、〇〇曜日や月始めはトレードしないなど、自分が負けてしまうと分かっている時にトレードをしないルールです。

休みを取ることの本当の意味

負けている状態を断ち切るために、休みを取る。勉強期間を設ける。

この目的以外に、休みを取ることには意味があります。それは自分を成長させることです。

休みを取ることにより、自分の中で一度FXについて振り返り、自分自身を成長させるのです。これは誰でもできることかわかりませんが自分にとっては間違いなく成長させる要因の一つです。

昔このような経験はなかったでしょうか。鉄棒の逆上がりやゲームで倒せないボス、クリアできないステージ、数学で解けない問題、これらが1週間程度の期間を開けることで、できるようになっていることが。

これは奇跡が起きているわけではないのです。自分自身がこの休みの間に、失敗と言う経験から学び、対応策や解決方法を無意識のうち、もしくは意識的に考えているのです。

つまり休みを取り、自分自身を成長させて、FXで勝てるようになると言うことです。さらに手法やルールを確立して、その効果を何倍にも高めます。

これが休みを取ることの本当の目的です。失敗したからあきらめるのではなく、反旗を翻すためにも成長するのです。

自分を知る人間こそ、真の意味で強い人間である

自分の成長を知っているからこそ、このような方法がとれるのです。休むと成長できると知っているから。

自分を知っている人間は本当に強いのです。その時々の対処法を自分で知っていて、実行することができます。

苦難に出会ったとしても、対処方法を知っている。もしくは苦難を苦難と感じない方法も。

幸運なことに、かつて自分が何も持っていないと思いつつも、自分という人間を見つめることで、自分と言う人間を知ることができました。

おかげで今があり、これからを築けます。そして必ずプロの領域である億トレーダーを目指します。

そのためにも、少しだけ休みと言う名の成長期間をとります。