FXでロスカットをされなければ負けない?ロスカットとは?

「ロスカットをされなければFXで負けることはない。」

たまにこのような話を聞いたり、そのような考えでトレードをする人もいるのです。

確かにロスカットをされなければFXで負けることはないかもしれませんが、勝つことはできるのでしょうか?

先に紹介しておきたいのが、負けることはないかもしれませんが勝つことはできないでしょう。

今回はFXにおいてロスカットについて紹介していきます。

以下の考えで普段トレードをしている人は、必ずこの記事を読んでください。

  • ロスカットをされなければプラスになるまで持ち続ける
  • ロスカットまで余裕がある資金を持ってトレードをする

 

FXでロスカットしなければ負けない?

確かにロスカットをされなければFXで負けることはないかもしれません。

しかし、FXで勝てる可能性は非常に低くなるでしょう。

そもそもFXでロスカットをされるまでの証拠金維持率となる場合は、それなりにポジションがマイナスになっているということです。

つまり自分が持っているポジションは、トレンドと逆行している可能性が高く簡単に元値まで戻す可能性が低いということになります。そのためロスカットをされなければ負けないかもしれませんが、勝てる可能性は低くなり元値に戻ったとしてもかなり時間がかかるなどのデメリットがあります。

ちなみにロスカットとは、FX取引会社が決めた証拠金維持率を下回る取引となった場合に、現在持っているポジション(建玉)を強制決済するシステムのことです。

投資においてロスカットは非常に重要

ロスカットをされなければ負けることはない。

確かにそうかもしれませんがそれは、今後自分が持ったポジションがプラスになると信じてトレードをしているということです。

例えばドル円などで買いのポジションを持ったとします。ポジションを持って少ししたら下落して評価額がマイナスとなってしまいました。

さてこのポジションはいつプラスとなるのでしょうか?

FXの場合は数年先か永遠に来ない可能性もあるのです。

株価などであればその国の経済とともに右肩上がりで上がり続けることもあるかもしれませんが、FXの場合は他国の通貨との需給となるので価格が上がり続けるようなことは、あまりないと思ってもらっても問題ありません。

そのため基本的にFXは一定の価格を行ったり来たりとしているのです。

つまり自分の読みが外れた場合は、素直に損失を認めて損切をしなければロスカットが待っているということです。そして、永遠か数年の間持ったポジションの価格に戻ってこないこともあるため、ロスカットをされなければ負けることはないかもしれませんが、勝てる可能性は非常に低くなってしまうのです。

そもそもロスカットとは?

先ほども紹介しましたが、ロスカットとはFX取引会社が顧客の資産を守るために行う強制決済です。

つまりあなたの保有しているポジションがこれ以上マイナスとなると、資金に多大な影響を与えるため強制的にこちらで決済しますね、ということです。

あくまでも顧客の資産を守るための行為であり、トレーダーであるあなたの負けを認めされる行為ではないということではないのです。それと、損切とロスカットは別物なので注意を。

損切りは自分の行為で行い、ロスカットは会社側が行う行為となります。

 

スワップポイントを狙うのであればロスカットは必要ない?

しかしFXでロスカットをされなくても勝てる方法というのが確かに存在はします。

スワップポイントを狙った方法があります。

ただスワップポイントと言えども、ロスカットの必要が無いかと言えばそのようなことはありません。

先ほども紹介した通り、永遠に片方の通貨の価値だけ上がり続けることはありませんし、ロスカットをされずに利益を出し続けられたとしても一度の急落で利益が損失となる可能性もあります。

一応スワップポイントについて紹介しておきます。

スワップポイントを狙った方法

スワップポイントとは、通貨のトレードをする2国間の金利差を用いたトレードとなります。

A国とB国の通貨をトレードしていたとします。A国の金利は1%、B国の金利は10%だったとしてB国の通貨を買い1日保有すると、金利差9%の金額を1日ごとに受け取ることができるのです。

このような2国間の金利差を利用して、ポジション保有で貰えるスワップポイントを受け取るトレードをスワップトレードとも呼びます。

つまりスワップトレードの場合は常にスワップポイントをもらうために、買いのポジションを持ち続けなければならないのです。

確かに毎日スワップポイントで金利分の利益を出すことができるのですが、1日でそこまでの利益が出ないためポジションよりも価格が下がり、損失が出てしまった時にはどうしても負けてしまう可能性が高いのです。

スワップポイントを毎日もらうことはできるのですが、買ったポジションよりも価格が下がり損失が出てしまうようなことを避けるために、ロスカットは必ず必要となるのです。

FXでは予想が100%当たることはない

FXで予想は必ずしも当たることはありません。

どんなに有名な経済アナリストや有名トレーダーから得た情報だとしても100%当たるとは限りません。

そのため必ず自分で相場については判断しなければならないのです。

為替が思い通りに動くことが無く、予想に反することが多いのであればロスカットをされそうになることもあります。

つまりロスカットをされる前に、自分の資金は自分で守るという意識から損切を行う必要があります。

ロスカットはFX取引会社があなたの資金を守る行為であり、損切はは自分の資産を守り、次の一手へつなげるための布石です。

 

ロスカットをされる前に損切を

以上がロスカットについてです。

今回のまとめ
  • ロスカットはFX取引会社が顧客の資産を守るための行為
  • ロスカットをされなければ負けることはないが、元値に戻る可能性は低い
  • FXではロスカットをされる程負ける前に損切を!

ロスカットをされるほど損失を抱える前に損切をしましょう。

自分の失敗を認めたくないという気持ちはわかりますが、それでは上達もしませんし自分の資金を守ることもできずに、そのポジションがあるせいで次の一手を打つことができません。

ぜひ今回の記事を参考にして、今後のトレードを役立てて頂けると幸いです。