人生はそんなに長くはない、時間を得るためにFXを始める

現在日本人の平均寿命は約80歳前後と言われています。

そして今働き盛りの20代~40代の人は70歳近くまで働かないといけないのではと言われています。おそらくその年齢近くまで働くことになるでしょう。

しかし、考えてみると人生のうち20代~70代までの50年間働き続ける、そして自分の自由にできる時間はそこまで長くないと分かると思います。

70歳から老後の生活を送ると言っても、その年齢からでは体力も衰え、病気にかかる確率も上がり、自由にできる時間も残り少ないのです。

つまり一番人生で体力がある20代~40代を仕事に捧げる一生。それで納得できますか?自分の自由な時間を増やしたいと思いませんか?

人には誰しも平等に1日24時間という時間が与えられています。時間を増やすことはできません。

それでは人生で自由な時間を増やすためにはどのようにすればよいのでしょうか?

人生で時間を増やすための方法

人生の自由に使える時間を増やすためには、サラリーマンなどの雇われている人生では少し難しいでしょう。雇われているうちは週5日働き出ないといけないからです。

そして、当然の如く残業があります。

そのため自由に使える時間を増やすためには、雇われている状態から脱する必要があります。そもただ脱するだけではだめなのです。ある程度以上のお金を稼げる必要があります。

それではなぜお金が稼げる必要があるのでしょうか?

そもそも、なぜ働いているのかを考えてみてください。なぜ仕事をするのか。

それは生きていくため、お金を稼ぐためです。もちろん仕事が好きだと言う人もいるかもしれませんが、結果的にはお金が無ければ生きてはいけません。

つまりお金を得るために仕事をしている。そしてお金を仕事(雇われ)以外で得ることができれば自由に使える時間が増えると言うことです。

独立すればいいという話ではない

ここで誤解しないで欲しいのが、決して独立すればいいという話ではないのです。

独立したとしても成功できる確率は非常に低いため、安易に独立をしてしまうとお金を稼げない状態に陥ってしまうのです。

サラリーマンなどで雇われている最大のメリットは、自分が成果を上げなくても給料が貰える、休んだとしても給料が発生するなどがあります。

独立をしてしまうと、結果的に全て自分の実力、自分ができた分だけお金を貰うことができます。そのため稼ぐ何かを持っていないと、お金を得ることができません。

つまり自由な時間を得るために、お金を稼げる状態になる

少しおかしな言い回しかもれませんが、自由な時間を得るためには、お金を稼げる状態になる必要があるのです。

お金を稼げる状態というのは、自分の労働によりお金が稼げるという意味ではありません。いわゆる不労所得、投資といったものになります。

自分が働くことでお金を稼いでいるうちには、自由な時間を得ることができません。自分のスキルや時間をつかってお金を得ているためです。そして仕事に時間を拘束されてしまうためと言うのもあります。

そこで自分が働かなくてもお金を稼いでくれる、不労所得を得る必要があるのです。

しかし不労所得といっても、沢山種類があるわけではないのです。

不労所得となる投資

私が考える不労所得となる投資には

不動産投資、株式投資による配当金、投資信託 など

該当すると思っています。

これらは実際に物件を購入したり、株式を買うことで自動的にお金を得ることができます。

ここでFXや株式投資は該当しないのかという疑問があるかもしれませんが、FXや株式投資は不労所得とは少し違うと思います。

それはFXや株式投資で稼ぐためには、そのための勉強や市場の分析、実際にトレードをするための時間が必要となるのです。

もしFXでデイトレードをしようと思うと1日中パソコンに張り付く必要がありますし、株式にしても同様です。ただトレードスタイルを長いものにすれば不労所得性は上がるかもしれません。

例えばFXのスイングトレードであれば、一日の内にチャートを見る時間はそこまで長くはないでしょう。

重要なのは自分は働かないということ

不労所得を得る上で大切となるのが、自分は働かないと言うことです。

本などではよくお金に働かせるといいますがその通りかもしれません。

もちろん不動産投資や投資信託でも、始めは銘柄選びや物件購入などで時間を使う必要がありますが、稼働し始めてしまえば自分では何もする必要が無くなるのです。

いかに自分は働かずに、お金を得ることができるのかを考えるのです。

不労所得を始めるためにはお金が必要

結局のところ不労所得を始めるにしてもお金が必要となります。

自由な時間を得るためにはお金が必要、さらに自分が働く時間を減らすことも必要、そして不労所得を始めるためにはお金が必要、つまり結果論的にはお金が必要になるということです。

そこで不労所得性の高い投資を始めるためにお金を稼ぐ必要があります。

そのお金を本業で稼いでいくには限界があります。もし年収1,000万円稼いでいるのであれば話は別ですが、年収300万円や400万円だと無理があります。

ただ毎月数万円を貯金することは可能ですよね?

貯金したお金を増やすのです。つまり仕事で稼いだお金で投資を始めるのです。

少額で始めることがで出来るFXを。

不労所得のためにFXを始める

貯金をしていては不労所得を始めるためのお金を稼ぐために、何十年もかかってしまいます。すると始めることすらできない可能性があります。

そこで少ない元手を着実に、効率的に増やしていく必要があります。

そのための手段としてFXを始めるということになります。

そしてFXで貯金を増やし、増えた時点で不労所得性の高い投資に使っていくのです。

すると不労所得が発生し始めると自動的に収入を増やすことができます。

ここまでの手順を簡単にまとめてみます。

  • 仕事で得た収入を貯金する
  • 貯金でFXを始める
  • FXで得た収入を不労所得性の高い投資に使う
  • 不労所得により自動的に収入が発生する

この状態までくると、間違いなく他のサラリーマンよりも1歩どころか10歩以上先に進める状態となっているでしょう。

FXを始めようと思ったら外為ジャパンFX

これからFXを始めようと考えた時には、少額から始めることができる外為ジャパンFXがおすすめです

外為ジャパンFXは業界最狭水準のスプレッドとなっているので、他の会社と比べても1回あたりのトレードがお得となっているのです。

口座開設の方法も簡単で、最短5分の入力で、最短翌日よりトレードを始めることができるのです。

ちなみに口座開設方法は以下の通りです。

  1. 申し込みフォームへの入力(金融機関の口座が必要です)
  2. 本人確認書類・マイナンバー確認書類の提出
  3. 審査
  4. ログインIDとパスワードの発行
  5. 口座開設完了

実質作業する内容としては申し込みフォームへの入力と、本人確認書類などの提出となっているのです。

外為ジャパンFXでは、口座開設+取引キャンペーンなどを行っているのでキャッシュバックを受け取ることもでき、取引ツールも当然使いやすくスマートフォンアプリ用も準備されているので本当に初心者の方にとってはおすすめです。

サラリーマンの収入を超え、今後の生活のめどが立った時に

さて不労所得により、サラリーマンの収入を超え、今後サラリーマンとして働かなくても生きていける目途が立てば、サラリーマンを辞める選択ができます。

もちろん楽な仕事に転職をしたり、そのお金で自分のビジネスを始めることも可能です。

つまりこの状態まで来ると、選択次第で自分の自由に使える時間を増やすことができるのです。

この状態までくると見える世界が少しずつ変わるはずです。

ただ今回紹介したのはあくまでも、自分の自由に使える時間を増やしたいと言う人向けです。別に現状のままで満足している人や現状を変えたくないと思っている人にはおすすめできません。

正直、会社を辞めるというのはかなりリスクが高いのです。残念ながら日本社会では未だ会社員以外の信用は低いままですし、冷たい一面が多すぎるのです。

それだけのリスクを覚悟があるのであれば、辞めることを止めたりはしません。

あとは自分で踏み切るだけです、誰のせいにもしてはいけません。自分で選択したことなのですから。