FXでレバレッジをかけることは危険?

はじめに解説しておきたいのが、FXでレバレッジをかけることは必ずしも危険とは言えません。

諸刃の剣のようなもので、使い方によっては大きく稼ぐことができるし、大きな損失につながることもあるのです。

もちろんFXでレバレッジをかけることが危険だと言われるのは、レバレッジをかけて損失を出した経験がある人や、相場から退場をしたことがある人が少なからずいるということです。

もちろんレバレッジを使って大きく稼いでいる人もいることは確かです。

そこで今回は、FXでレバレッジをかけることがなぜ危険なのか、レバレッジをどのように使えばよいのかを紹介します。

FXでレバレッジをかけることは危険ではない?

FXにおいてレバレッジをかけることは必ずしも危険というわけではありません。

レバレッジをかけてギャンブルのようなトレードをしてしまうと危険なのです。

レバレッジを使うことで大きく稼ぐこともできますし、レバレッジをかけてしまったために損失へとつながる可能性もあるのです。

つまり諸刃の剣のように、使い方によっては武器になったり命取りとなることがあるのです。

それではレバレッジの危険性を紹介するために、まずはFXにおいてのレバレッジとは何かを紹介します。

 

FXのレバレッジとは

レバレッジとは、FXでトレードをするために口座に預けている資金を最大25倍まで増やしてトレードをすることができるシステムです。

よくレバレッジをてこの原理と紹介されることがありますが、まさに少ないお金で大きいお金を動かす感じと言えるので、てこの原理と紹介されています。

もちろんレバレッジはもともと、てこという意味があるのですが。

では実際にFXでレバレッジをかけるというのは、口座に預けてある自己資金の最大25倍までのお金を取引会社がお金を貸してくれるということです。

例えば、口座に10万円を入れてトレードをしていたとすると、レバレッジを25倍にすると250万円でトレードができるということです。

250万円のうち10万円は自己資金で、残りの240万円は会社から借りているということになるのです。

 

FXでレバレッジをかけると危険と言われるのはなぜ?

すでにお気づきかもしれませんが、240万円借りているということは250万円中損失が10万円以上となると、その損失は借金となるので取引会社に返済しなければならなくなるのです。

そして25倍の資金でトレードをしているので、1pipsで動く利益や損失もこれまでの25倍となります。

そのためFXでは経済指標の発表や、各国の経済状況によって大幅に上昇や下落がおきるので、その動きに巻き込まれてしまい、大損失へとつながる可能性があるからレバレッジは危険といわれているのです。

もしポジションを持ったまま寝てしまい、英国や米国で何か問題があったりすると一晩でドル円が1円動いたりすることもあり、1円も動いた時に25倍のレバレッジでポジションを持っていると・・・

 

FXでレバレッジをかける時は5~10倍であれば危険ではない

レバレッジを常に25倍でトレードをしていると確かに危険かもしれません。

そのためレバレッジを5倍や10倍というレート、つまり自分で制御できる範囲内でかけていくことが大切となるのです。

実はレバレッジを25倍で掛けたとしても大切なのは、レバレッジよりも資金管理ということはご存知でしょうか?

例えば、100万円で25倍であれば2,500万円となりぞっとするような金額ですが、5万円で25倍となれば125万円となります。

さらに125万円が全て損失することは、本当におかしなトレードをしない限り起こる可能性は低いです。

 

レバレッジと同時に資金管理が大切

つまりレバレッジと同時に資金管理をきちんとしておくことが大切となるのです。

口座内に100万円を入れてあり、全額レバレッジ25倍でトレードをしてしまうと当然ながら相当なリスクを背負ってトレードをすることとなります。

しかし100万円のうち10万円を25倍でトレードをすれば、リスクをさげてトレードをすることが出来るのです。

FXでは時に、知識やトレード技術よりも資金管理のほうが大切といわれることがあります。

自分が持っている資金に対して、どれだけの割合をトレードで使うのかを制御しなければハイリスクなギャンブルを行っているようなものとなってしまうのです。

そこにレバレッジ25倍をかけてしまうと自身では制御できない金額でトレードをしてしまい、場合によっては取り返しのつかないことになることもあるのです。

そのようなことを避けるためにも、自分で制御できる資金でトレードをすることが大切な資金管理となることを忘れないでおきましょう。

 

チャンスがあれば25倍のレバレッジをかけても大丈夫

そして資金管理が大切ということで、チャンスと判断した時には25倍のレバレッジでトレードをしても問題はありません。

もちろん投資は自己責任ということもありますが大切なのは自分で判断をして、必要な時には損切をしていく必要があるのです。

レバレッジをかけても大丈夫といいましたが、何度も言う通り自分が扱える金額でトレードをすることが最低限必要となります。

もし初心者の方で、自分がどのくらいの金額でトレードをすれば良いのかわからないという場合は、まずは10万円からトレードを始めてみてください。

最悪10万円が溶けてなくなってしまうこともあるかもしれませんが、FXの世界では可愛い物です。

勉強資金と思うことも大切なのです。しかし無くなると思ってトレードをするのではなく、取る必要なにリスクは取らずにいることも大切です。

避けれる損失を避けることもトレーダーにとっては大切となるのです。

 

FXの資金は必ず余剰資金で行うこと

FXの資金は必ず余剰資金でトレードをするようにしましょう。

間違っても大切な生活費や貯金に手を出してはだめです。

FXを始めるために毎月の給料から投資用資金を貯金したり、ボーナスが出た時に一部を投資に回したりすることです。

トレードは想像しているよりも精神力を削られていきます。そこで生活費を削ったお金でトレードをしていると当然影響がでてしまうのです。

そのようなことにならないためにも、投資用資金の貯金をしたりしましょう。

それとギャンブルをしているのであれば、そのお金をFXや投資に回したりすることをおすすめします。

もしギャンブルをストレス発散のために使っているのであれば止めはしませんが、暇つぶしやお金を増やすためにパチンコをしているのであれば辞めましょう。

時間のむだであったり、お金が増える可能性は低いからです。その時間とお金があるのであれば投資に回した方が賢明と言えます。

 

FXでレバレッジをかけて賢く稼ごう

FXは自己責任です。

当然ながらレバレッジをかけると、それだけリスクも上がるということを覚えておいてください。

自分の力量に合っていないレバレッジをかけてトレードをしていると、いつか破滅の道を辿ることになるかもしれません。

しかしレバレッジは使いどころを見極めることができれば、素晴らしい武器にもなります。

自分で資金を管理して、許容範囲内の損失は損切できて、利益を最大限伸ばすことがトレーダーにとっては大切なのです。

そんな危なそうに見えるレバレッジですが、使い方によっては危険ではないということを認識しておいてください。