これからFXを始める初心者がデモトレードをやるべき3つの理由

もし全くFXの経験がない人がFXをいきなり始めることはおすすめできません。

FXでの注文方法やチャートの見方、さらにはテクニカル指標の意味など分からないことが多すぎるせいです。もちろんFXで利益の出し方がわからないという場合もあるからです。

そこでFX初心者の人に、おすすめなのが1度はデモトレードを体験しておくことです。

デモトレードであれば実際と同じようにトレードを体験することができ、どのように利益を出すことができるのかが、自分の資金を使わなくてもできてしまうのです。

もちろんデモトレードには様々なメリットがあり、今回はこれからFXを始めようと思う人や、FX初心者がデモトレードをやるべき理由を紹介していきます。

FX初心者がデモトレードをやるべき3つのメリット

FXでいきなりトレードを始めるのは少しハードルが高いと感じる人も多いはずです。そこでおすすめなのがいきなりトレードを始めるのではなく、まずはデモトレードをやってみることです。

実際に多くのトレーダーがデモトレードをから始めることを推奨していますし、デモトレードは初心者だけではなくトレードに慣れいている人でも自分の手法を確かめるために使うこともあります。

そこでまずはFX初心者がデモトレードをやるべき3つのメリットを紹介していきます。

トレードのやり方を体験できる

デモトレードであれば実際のトレードと同じ感覚でトレードを行なうことができます。

テクニカル指標を表示してみたり、トレンドラインなどの線を引いてみたりと、実際に取引会社で口座開設をしなくても生のトレードを体験することができます。

そして一番メリットとなるのが、実際に売買の注文を発注することができるのです。

買い方や売り方、指値や逆指値と言った様々な注文方法を確かめることができます。

つまり実際にFXのやり方を実践しすることができるのです。

負けてもお金を失うことがない

デモトレードはあくまでデモです。

そのためデモトレード中に損失がでたとしても、自分の資産を失うなんてことはありません。

そして実際にトレードをしてみることで、お金の動きを確認することもできます。ロット数を上げるとどの様に金額に反映されるのか、レバレッジをかけるとさらにその金額の動きが加速するなど、実際のトレードでしか確認できない状況をデモトレードでは確認することができます。

もちろん、デモトレードなので損切りを体験することも可能です。さすがに練習だからといって本番のトレードでわざと負けて損切をすることは、だれもしませんよね。

デモトレードであればわざと負けて損切をすることができます。さらに損切を試すことで、どこを損切りラインと設定するのかを現実のトレードのように確かめていくこともできます。

デモトレードではお金を失く事がないので、試したいと思っていることを思う存分試すことができるのです。

すぐにでも始めることができる

デモトレードは、取引会社の口座を開設しなくても始めることができます。

そのためFX初心者の人が本を読んで勉強している最中に、実践で試したくなった手法やラインの引き方を実践で学ぶことができるのです。

まさに効率的にFXについて勉強していくことができます。

なによりもリアルタイムで勉強することができるのがデモトレードの強みです。

FX初心者がデモトレードをやる時には自分の手法などを試してみよう

もしFX初心者がデモトレードをやろうと負った時には、自分の手法をなどを試してみることが有効です。

いきなり本番のトレードで手法を試すのは、少し危険な可能性があります。

その手法が今の相場で通用するかわかりませんし、その手法の強みを理解しておくことが重要となるからです。

同時に自分がFXを始めた時の資金と同額でトレードをしてみましょう。するとどの程度pipsを取ればいくら稼げるのかが分かるようになります。

デモトレードは長くやるべきではない

これからデモトレードを始めてみようと思う人は、長くデモトレードをやるべきではありません。

デモトレードはなるべく短い期間の利用にしておくことがベストです。

デモトレードの場合はいつまでたってもデモトレードのままです。デモトレードで利益を出したとしてもそれは利益とはなりません。

それだけではなく、デモトレードはあくまでもやり方を覚える場所です。いつまでもそこでトレードをするべきではないのです。

そのため一通り初心者本に書いてあることを試したら、実践に移るべきです。

その方が効率的ですし、機会損失をあまり出さなくても済みます。

すぐに口座開設をしよう

デモトレードをやってる間にすぐに口座開設をしておきましょう。

口座開設にはすこし時間がかかります。そのためデモトレードをやってる最中に口座開設をしておけばスムーズに実際のトレードに移行することができます。

ちなみにおすすめの取引会社はDMM FXです。

DMM FXは国内口座数№1で、デモトレードも準備してあります。豊富な注文方法や使い勝手良いツールが準備されているので、デモトレードで使い方に慣れておけばすぐに実践へ移行することも可能です。そしてDMM FXのデモトレードのツールはスマートフォンやタブレットのアプリも準備されているので、どこでもデモトレードができるので本当におすすめです。

  1. 口座開設の申し込み
  2. 本人確認書類+マイナンバー確認書類の提出
  3. 審査→審査結果連絡(郵送)

実際に作業をするのは2つのみです。

口座開設の申し込みをDMM FXのサイトから行います。

DMMではDMM FXだけではなくDMM CFDやDMM 株のサービスも取扱っており、初回の口座開設申し込みで同時に開設することもできるので、今後の株式などで取引をする予定がある人は同時に口座開設を申し込むのがおすすめです。

申し込みができたら本人確認書類の提出です。本人確認書類やマイナンバー確認書類についてはDMM FXで指定の組み合わせがあるので、申し込みサイトで確認しましょう。

準備ができたらパソコンやスマートフォンでスキャンしたデータを送ります。他にもFAXや郵送も使うことができるので、自分が一番簡単に送れる方法で送付しましょう。

FX初心者はデモトレードをやり続けるよりも、すぐにリアルトレードをした方が良い

以上がFX初心者はデモトレードをやるべき3つの理由となります。

デモトレードであれば自分の資金を失わなくてもトレードをすることができるので、初心者には持ってこいの勉強ツールとも言えます。さらに効果的なのは初心者本と一緒に組み合わせて使うことです。初心者本に書いてあることをでもトレードで実践をする。まさに最強の勉強方法ともいえるでしょう。

そして大切なのは、いつまでもデモトレードをやり続けずに、すぐにでもリアルトードに移行することです。

実際のトレードとデモトレードではお金が発生する時点で少し違った感じになります。緊張感が違うのです。その違いに慣れておくためにも、すぐにリアルトレードで実践をした方が良いと言えます。そのためにも、口座開設はデモトレード中か事前にやっておくべでしょう。

デモトレードは初心者の勉強だけではなく、新たな手法ややり方を実践する時にも使えます。そのためトレードで上手くいかないときや、手法を変えようと思た時にデモトレードを使ってみることも有効となります。