8月のFXはおすすめできません!その理由を徹底解説

 

今年も暑い季節がやってきましたね。

そんな暑い8月ですが、FXでは勝ちにくい季節ということをご存知でしょうか?

すでにFXを1年以上続けている人にとっては当たり前かもしれませんが、これからトレードをする人にとっては驚きの事実かもしれません。

FXで月によってやりにくい月があるなんて思いもしませんよね。

それではなぜ8月はFXで勝ちにくい季節と呼ばれているのかを紹介します。

結論から言うと、トレードよりも夏休みを取った方がいいですよということです。

 

世界のFXトレーダーにとって8月は夏休みだから

8月がFXで勝ちにくい季節と言われるのは、8月に世界中のトレーダーが夏休み(バケーション)を取るからなのです。

FXのトレーダーや投資家は日本よりも海外勢の方が圧倒的に多いため、市場参加者が減り相場のボラティリティ(値動き)が縮小します。

すると相場のボラティリティが低くなり、利益を出しづらくなったりすることが原因となっているのです。動かない相場で利益を出すのは非常に難しいのです。

FXは土日にトレードをすることはできる?できない場合は

 

相場が動かない、夏枯れ相場と呼ばれることも

そんな動かない相場を寂しく枯れているような様子ということで、夏枯れ相場と呼ばれることもあるくらいなのです。

日本の社会人にとっては、夏休みと言えばお盆休みの数日程度ですが、欧米などの海外では2週間~3週間程度の夏休みをとります。

それだけFXは海外での資本が大きいと言うこともできるのです。

そしてこの夏休みの始まりが8月の雇用統計終了後からとなっているので、8月初週の土曜日から20日程度夏休みを取り、8月の後半からトレーダーたちが戻り始めてきます。

 

無理にトレードをする必要はない

8月中も利益を出したいという人もいるかもしれませんが、無理をしない方が賢明です。

ボラティリティの低い相場では利益を出すことが非常に難しいため、トレードをしない方が結果的には良いことがあるのです。

 

そのため8月の夏休み中はトレードをしないことをおすすめします。

特にボラティリティが低い時にはレンジ相場となりやすく、市場への参加者が少ないためレンジの幅も狭くなり、スズメの涙程度の利益を出すことも難しくなるでしょう。

そのため、利益を取りづらく損失を出してしまいやすい相場には、手を出さない方が賢明と言えるのです。

それにこういう時ほどスプレッドの存在が痛くなってくるのです。少ない利益しか出せない上にエントリーするたびにスプレッド分はマイナスとなるからです。

 

もし8月でもFXでトレードしたい場合は

しかしどうしても8月にFXでトレードをしたいという人も中にはいるはずです。

そんな人のために、夏枯れ相場でもトレードできる方法を紹介します。

必ず勝てる方法などではありませんが、期待できない相場となるので最大限リスクを抑えておく必要があります。

 

少ない枚数でトレードをする

夏枯れ相場でもトレードをしたい場合は、少ない枚数でトレードをしましょう。

例えば普段10枚(10万通貨)でトレードをしているのであれば、半分である5枚以下でトレードをすることをおすすめします。

普段の枚数通りでトレードをするとボラティリティの低い相場では危険ですし、低い枚数であれば損失が出たとしても8月後半から相場が回復し始めた時に、取り戻せる可能性が十分にあるからです。

それとレンジ相場になることは、ある程度想定をしたトレードを心掛けましょう。

短いローソク足である5分や15分で確認をするとトレンドが発生しているように見えることもありますが、1時間や4時間足で見るとレンジの中ということがよくあります。

普段のトレードでも言えることですが、なるべく大きなローソク足で相場の流れを捉えるようにしておくことが大切です。

 

FXでトレードをしている人は8月は夏休みにしてしまおう

ここで一つ提案したいのが、あらかじめ動かない相場とわかっているのであれば、8月前半から後半までの間は夏休みにしてしまうのです。

FXの休み期間を設けるのです。

無理にトレードをしてしまうことが夏枯れ相場ではリスクとなってしまいますので。

しかし夏休みといっても、まったくチャートを見ないなどはおすすめできません。

 

夏休みだけど相場の確認はして、自分の上半期のトレード分析も

夏休みと言えども世界では何が起こるかわかりません。

それはFXの世界も同じです。

そのため夏休み期間中でも1日に1回程度はチャートを確認しましょう。

そして時間があれば自分のこれまでのトレードを見直して分析などをしましょう。

例えば、自分がエントリーする時の根拠や利確する時のポイントを見直すのです。

特に取引のルールを決めているのであれば、そのルール通りにトレードが出来ているのか確認することが大切です。

損失を出している時などはルールに従っていたのか、それとも相場の急な動きが原因なのか、1つ1つ洗い出していくことで今後のトレードに活かすことができるのでうす。

それと新たな手法を考えたり勉強するのも良いでしょう。

こういう期間でなければ、自分のトレードを見直すことも、新たに勉強をすることも難しいのです。

強制的に休むこととなるこの期間で、新たなトレードを身に着けて検証しておくことで弾みをつけることができるでしょう。

 

8月後半からFXを再開すれば良い

ということで夏枯れ相場と言えども終わりの時が必ず来ます。8月後半からは夏休み明けのトレーダーや投資家が相場に戻ってくるので、ボラティリティが復活してきます。

そこで夏休み期間中に学んだ知識や、新たな手法を試す時です。もちろんこれまでのトレード手法でさらに利益を出すことも。

もし上半期の結果がよろしくなかった人は、この夏休みで徹底的に自分のトレードを見直して改善策を立て、下半期で挽回できるようになりましょう。

FXをしていると、どうしても常にチャンスを掴むためにポジションを持ちたくなってしまいます。しかし、それでは勝つことは難しいかもしれません。

常にポジションを持つのではなく、勝てる確率が高い時にポジションを持つことが大切です。

毎日毎日休みなくポジションを持っている人は、自分で強制的に止めることはできないかもしれません。そこでこのような夏枯れ相場の時に、強制的に休んでしまうことも大切です。