FXと仮想通貨FXの違いとは?初心者にもわかりやすく解説

 

仮想通貨FXという投資があることをご存知でしょうか?

おそらくはじめて聞いた人は、外国為替証拠金取引のFXのことなのか、仮想通貨のことなのか、意味が分からないという人が多いかもしれません。

そこで今回は仮想通貨FXについて初心者の人でもわかりやすく紹介します。

ちなみに仮想通貨FXとは、仮想通貨をFXのように取引できる投資となります。

気を付けて欲しいのが、仮想通貨FXとFXは一緒のものではありません。投資としては全く別の物に投資をしているということになります。

それでは仮想通貨FXについて紹介していきますね。

仮想通貨FXとは?

仮想通貨FXとは、仮想通貨をFXのように取引できる投資となります。

つまり仮想通貨を投資するのにFXの注文方法を使うことができるということです。

FXには、成行、指値、IFD、OCO、IFOなどの注文方法があります。

  • 成行=現在価格で注文決済をする
  • 指値=指定の価格になると注文決済をする
  • IFD=新規注文と決済価格を指定できる
  • OCO=新規注文の価格を指定すると同時に指値と逆指値も指定できる
  • IFO=IFDとOCOを組み合わせた注文方法

これらの注文方法を仮想通貨でも利用できるようにしたものとなります。

現物取引とレバレッジ取引しかない仮想通貨に、FXの多様な注文方法を取り入れた取引ができるのが仮想通貨FXとなるのです。

もちろんレバレッジをかけることもできます。

それと仮想通貨FXにはスプレッドが存在します。スプレッドとは買い価格と売り価格の価格差となります。これが仮想通貨取引所の手数料となることもあります。

そのため仮想通貨取引所によっては、仮想通貨FXの取引手数料はスプレッド以外はゼロという場合があります。

仮想通貨にはレバレッジ取引があるが

すこしややこしくなるのが、仮想通貨にはレバレッジ取引があるのに仮想通貨FXが存在しているという点です。

結論は、先ほど紹介したとおりFXの多様な注文方法を取り入れた結果です。

ただこちらの仮想通貨FXとレバレッジ取引、明確な決まりが無いので各社ともそれぞれの呼び方をしているため、レバレッジ取引ができる物をすべて仮想通貨FXと呼んだりすることもあります。

ちなみにレバレッジ取引と仮想通貨FXに大きな違いがあり、レバレッジ取引では板取引が可能で仮想通貨FXにはスプレッドが存在します。

板取引とは、現在価格から一定の売り板と買い板の価格が表示されており、どの価格にどれだけの注文が入っているのかを見ることができるものとなります。つまりどの価格帯に売買したい人が多いのかを確認することができるのです。

FXと仮想通貨FXの違いとは

つまりFXと仮想通貨FXの違いとは、取扱い通貨の違いということになります。

FXでは日本円やドルといった法定通貨を取扱い、仮想通貨FXは仮想通貨を相手にして日本円などで取引をするということになります。

それと大きな違いの一つとして、取引時間にあります。

基本的にFXでは平日なら24時間トレード可能ですが、土日は市場が止まるため休みとなります。

FXは土日にトレードをすることはできる?できない場合は

そして仮想通貨は基本的に365日24時間取引可能となるので、土日でも休まずトレードをすることができます。

そのため普段FXや株式などをしている投資家の中には、土日に仮想通貨をやる人もいるのです。

初心者がFXと仮想通貨FXをやるなどっち?

もし初心者の人がFXと仮想通貨FXのどちらをやるのがおすすめなのかと言うと、FXの方がおすすめできます。

完全にFXがおすすめというわけではないのですが、仮想通貨FXの場合はボラティリティが高すぎるということが原因でおすすめできないのです。

ボラティリティとは値動きのことで、仮想通貨は市場が未熟で安定していないためか、簡単に急騰したり暴落したりします。

ボラティリティが激しいとそれだけチャンスがあるように見えますが、予想できなければ意味がありません。そしてそのような相場で利益を出すことは相当レベルが高くなければ難しいのです。

それ比べてFXであれば、ボラティリティは通貨によって差があったり、指標発表時を避ければそれなりに安定したトレードを行なうことができます。

FXは25倍、仮想通貨FXは4倍

FXでは25倍のレバレッジをかけることができますが、仮想通貨FXの場合には4倍までのレバレッジをかけることができません。

つまりFXであればチャンスの場面に最大限リスクを取ることができるのです。

もちろんリスクがあるということは、それなりの損失を覚悟しなければならないこともありますが、手法やルールに従うことで損切りを行なえばリスクを抑えつつもリターンを狙うことができるのです。

ちなみに仮想通貨FXでも以前は25倍までレバレッジをかけることができていましたが、仮想通貨のボラティリティの高さから取引所が投資家たちを守るために、レバレッジを自主規制で4倍としているのです。

仮想通貨FXやFXを始めるためには口座開設が必要

仮想通貨FXやFXを始めるためには取引ができる会社で口座開設をする必要があります。

ただ数ある取引所や会社から初心者の人が1つを選ぶことは非常に大変です。

そこでここからは初心者にもおすすめの、仮想通貨FXの取引所とFXの会社を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨FXおすすめのGMOコイン

GMOインターネットグループが展開する仮想通貨取引所であるGMOコインは非常に初心者の人におすすめです。

東証一部上場企業でありFXの取引高は世界第1位のGMOクリック証券がグループ内にあるため、仮想通貨FXについても他社よりも力を入れているのです。

さらに現在一番人気がある仮想通貨取引所と言っても過言ではなく、取扱い仮想通貨も豊富となっています。

もちろん初心者の人でも使いやすい取引ツールを準備しており、スマートフォンアプリ用の仮想通貨FX専用ツールビットレ君などもあり、どのツールでも直感的な操作が可能となっています。

ちなみに取扱い通貨は

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • リップル

の5種類で、即時入金手数料、口座開設手数料、出金手数料、仮想通貨送付手数料の全てが無料となっているのです。

新規口座開設キャンペーンも常に開催されているのでお得に口座貸開設を行なうことができます。

FXなら外為ジャパンFX

FXの場合は外為ジャパンFXがおすすめ!

外為ジャパンFXは業界最狭水準のスプレッドとなっているので、他の会社と比べても1回あたりのトレードがお得となっているのです。

口座開設の方法も簡単で、最短5分の入力で、最短翌日よりトレードを始めることができるのです。

ちなみに口座開設方法は以下の通りです。

  1. 申し込みフォームへの入力(金融機関の口座が必要です)
  2. 本人確認書類・マイナンバー確認書類の提出
  3. 審査
  4. ログインIDとパスワードの発行
  5. 口座開設完了

実質作業する内容としては申し込みフォームへの入力と、本人確認書類などの提出となっているのです。

外為ジャパンFXでは、口座開設+取引キャンペーンなどを行っているのでキャッシュバックを受け取ることもでき、取引ツールも当然使いやすくスマートフォンアプリ用も準備されているので本当に初心者の方にとってはおすすめです。

投資を始めるのであれば早めにはじめよう

もしこれから投資を始めようとおもっているのであれば、いますぐにでも投資を始めましょう。

FXや仮想通貨FXにしても、早くに始めた人の方が圧倒的に有利となります。

これは複利の効果を得ることができるからです。

もちろん知識を蓄えることができということもありますが、投資においては複利の効果が絶大となるのです。

悩んでいる暇があれば行動しましょう。時間は無限ではなく有限なのです。

FXで複利最大限に活かす、初心者でもわかるやり方を紹介