FXで損切り後にやってはいけない行動とやるべきこと

損切りをしたけど、再びエントリーしたけど負けてしまった。

こんな経験をしたことが一度ではなく何度もあるのではないでしょうか。

FXでトレードをする上では損切は必要不可欠です。しかし、損切後の行動によってその後の勝ち負けが変わってくることはご存知でしょうか?

そこで今回は、負けているトレーダーの多くがやってしまう損切後のやってはいけない行動損切後のやるべきことを紹介します。

この記事を読めば、以下の悩みを解決することができます。

  • 損切り続きで負けている
  • 損切り後、勝ちにつなげる行動
  • 勝てるトレーダーになりたい

 

FXで損切り後にやってはいけない行動

FXで損切りをしてしまうことは、どんなトレーダーにも避けられないことです。

というよりも勝てるトレーダーほど損切を行った後の行動が上手なのです。ではFXで損切りをした後に再び負けてしまう人はどのような行動をとるのでしょうか。

負けた方向に逆エントリーをする

FXで損切り後にやっていけない行動の一番が、負けた方向に逆エントリーをすることになります。

負けた方向に逆エントリーをするというのは、価格が上昇すると予想し買いポジションを持っていましたが予想に反して下落し損切をしました。その後さらに下落すると思い買いではなく売りポジションを持ち直すことです。

つまり当初予想していた方向とは逆の予想をすることにもなります。自分が立てたトレードシナリオや予想を否定することでもあり、上昇と下落のどちらが正しいのかを判断出来ていない可能性があるのです。

損切り後は精神的に不安定な状態となるので、今回のように買いポジションで下落をした際にはさらに下がると思ってしまうでしょう。

しかし、その下落は一時的な下げであったりストップ狩りと言う場合もあるため、負けた方向に逆エントリし直す行動は、次の負けに一歩踏み出す行動でもあるのです。

再びすぐにエントリーしてしまう

逆エントリーをしてしまうと同時に、損切後にすぐにエントリーをしなおす行動もやってはいけません。

損切りに後にすぐにエントリーしなおすということは、負けた分を取り戻そうという気持ちが強く冷静な判断ができていない証拠です。

そんな状態では当然ながら間違った判断をしてしまい、再び負けの道を辿る可能性が高くなってしまいます。

トレーダーにとって熱くなっている状況程、不利でありファンドや機関投資家の餌食となる可能性が高いでしょう。そのため損切をした後にはすぐにエントリーをせずに、自分の熱が冷めるまで待つことが有効です。

 

FXで損切り後にやるべきこと

トレードで損切り後にやるべきことは、損切をした際のポジションが正しかったのか悪かったのかを確認することです。

相場環境やトレンドの確認

損切りをした後には、必ず現在のチャートから相場環境やトレンドを確認するようにしましょう。

例えば、価格が上昇すると思い買いポジションを持ったのに下落して損切をした場合には、その下落は一時的なものなのか、それともトレンドが下降トレンドに転換したのかを確認する必要があります。

もちろんFXであればトレンド転換ではなく、レンジという場合も十分に想定できます。

つまり当初の自分のエントリーが正しかったのか、今現在の相場はどちらの方向を向いているのかを確認するために、トレンドラインや移動平均線などを確認し相場がどのようになっているのかを再認識しましょう

なぜそこでエントリーしてしまったかを反省する

損切り後に相場環境を確認すると同時に、損切時のポジションが正しかったのかを反省しましょう。

そもそも長期的なトレンドとは逆行していなかったのか、この損切は正しかったのかなど、自分のトレードに反省点がないのかを見つけるのです。

ここですぐにエントリーをしなおしてしまうと、自分のトレードを反省することもできずに次のトレードを始めてしまうため、トレーダーとして成長することができないのです。

そのため、損切後は必ず自分のトレードを見返して、次のトレードに活かせる準備をすることがトレードで上達するコツとなります。

 

FXで損切り後には精神的に荒れている状態が多い

多くのトレーダーが損切り後には精神的に荒れている状態となります。

これは人間である以上仕方がないことでもあり、この状態をどれだけ早く冷静な状態に戻せるかがトレーダーとしての実力でもあります。

実際にトレーダーの心である精神面は、トレード結果に大きな影響を与えるため、間違った判断をしないように冷静であることは必要不可欠です。

そのため損切後に精神面で重要なのが、損切を後悔するのではなく反省することです。

損切り後は、反省をして後悔はするな

後悔は残念ながらしても意味がなく、自分が次の一歩を踏み出すための足枷でしかありません。

FXトレーダーは過去を変えることができず、変えることができるのは今後のトレード結果のみです。

つまり、後悔する時間があれば反省をして次のトレードにつなげるべきなのです。そのため今回紹介した損切後にやるべきことを理解して、次のトレードでその反省が活かせるようになることがトレーダーとしての成長を一歩進めることは間違いないでしょう。

 

FXトレーダーとして上達するためには、損切をマスターすることが重要

損切りをした後には
  • すぐにエントリーをしない
  • 自分のトレードを見返り、次に繋げる
  • 精神を落ち着かせる

FXトレーダーはある意味では、損切をマスターすることが勝つためには必要不可欠です。

チャートを完全に予測することができないため、時には間違った判断をしてしまうことは少なくありません。

現在損切りに損切を重ねている人は、まずは損切後に一旦トレードから離れて立ち止まるようにしましょう。すぐにエントリーをし直すのはギャンブルでしかありません。

FXではギャンブル性をいかに排除することができ、適切な資金管理ができるように損切ができる人が生き残れる世界となりますので、ぜひ今回の記事を参考にして次から勝てるようになりましょう。